Column / 2019 03,15 /Vol.4

困ったときの駆け込み垢!5歳のお悩み相談室 Vol.4

仕事や恋愛、家族や友人との関係……多かれ少なかれ、誰にだって悩みはあるもの。人には相談できないものから些細な疑問まで、SNSで人気の5歳さんがみなさんのお悩みに答えていきます!

5歳(嫁公認アカウント)

妻と息子2人との間で繰り広げられる微笑ましいエピソードがSNSで話題に。現在はコラムの執筆を中心に活動中。
Twitter  https://twitter.com/meer_kato

■相談(1)「親に何でも否定されてしまう」

親のことで相談させてください。「あれはだめ、これもだめ」となんでもかんでも否定され、「お前はだめだから何をやっても無駄だ」と言われます。こんな状態でも事情があって、僕は家を出ることもできないのですが、5歳さんならどうしますか? (しん)

 

しんさん、こんにちは。まずは最初にはっきりと言わなくちゃいけないことがある。
それは……

「あなたは素晴らしい感性を持っているね!」

いや~、いいものを持っているよ!
親からず~っと「お前はだめだ!」と言われて育てられてきたら、普通は「自分はだめなやつなんだ……」って思い込んじゃうもんだよ! しかし、あなたはそれに疑問を持ちながら生きている。
「果たして自分は本当にだめなやつなのか?」と気づいている。その心の中にある疑問を大切にしてほしい。

「鎖につながれた象」っていう有名な話があるんだけど、知ってる? サーカスの子象は小さいうちから太い鎖で足を繋がれているんだって。それで最初は子象も足の鎖を引きちぎろうと頑張るんだけど、太くて切れないからいずれ諦めるんだよね。そして「足の鎖は切れないものだ」って思い込んじゃう。成長して大人になっても、鎖をちぎろうとはしない。大人の象なら、ちょっと頑張ればちぎれそうなんだけどね。つまり、鎖は切れないものだと象は思い込んじゃっているんだ。