Column / 2019 03,15 /Vol.4

困ったときの駆け込み垢!5歳のお悩み相談室 Vol.4

仕事や恋愛、家族や友人との関係……多かれ少なかれ、誰にだって悩みはあるもの。人には相談できないものから些細な疑問まで、SNSで人気の5歳さんがみなさんのお悩みに答えていきます!

5歳(嫁公認アカウント)

妻と息子2人との間で繰り広げられる微笑ましいエピソードがSNSで話題に。現在はコラムの執筆を中心に活動中。
Twitter  https://twitter.com/meer_kato

さて、タチエさん。今度娘さんに何か失礼なことを言われたら、思い切りキレましょう。あまりにも本気だというのが伝わらないようなら、プチ家出をしてみてもいいと思います。家族と言えども、「親しき仲にも礼儀あり」です。礼節に欠くような言動を取られたら、「いいかげんにしろよ!」と叫んで、一晩だけ家を飛び出しましょう。現状を変えるにはそれくらいのインパクトが必要です。反抗期とか関係ないですよ、母親だってひとりの人間です。「それは嫌だ!」と声を上げていいのです。その行動に対して旦那さんは色々言うかもしれないですけど、嫌なことに大人も子どもも関係ありません。「嫌なものは嫌なんだ!」と言っていいんです。

反抗期の子育てが一番大変だったという話をよく聞きますが、僕はタチエさんの尊厳が守られることを願っております。頑張って!

■まとめ

今回は子どもと親目線からの悩みでした。僕はどうしても相談者の肩を持ってしまうところがあるので、子どもの味方もするし、時には親の味方をします。
家族問題には、親子でも別々の人間だという認識がちょっと足りないことが根本にあるのかなと思うんですよね。ドライな感じがしますが、子どもは親の所有物ではないし、ある程度の年齢になれば子どもも親に対する礼儀が必要だと思います。まさに親しき仲にも礼儀ありです。助け合うのは大切だけど、依存するのも、されるのも間違っていると僕は考えます。

子離れ、親離れといいますが、これがなかなか難しい。可愛い子には旅をさせろと言いますが、これは親への言葉でもあり、そして子どももいずれは自立をしなければいけないという意味が込められているのだなと、息子たちの子育てをしながら強く思います。僕もまだまだ悩んでばかりです。これから悩みながら、そしてそれを楽しみながら子育てをしていきたいと思います。