Column / 2019 12,06

ホームセンター「スーパービバホーム」の断熱アイテムで、部屋はあったかくなるの?

寒くなる季節に向け、部屋そのものを暖かくする方法を模索。今回は暖房器具に頼らず、ホームセンターで販売されているアイテムを使い、セルフ断熱を試みました。

小野洋平(やじろべえ)

1991年、埼玉県生まれ。東京の編集プロダクション「やじろべえ」所属。今までの実家引っ越し回数は4回です。
【やじろべえ株式会社】https://www.yajirobe.me/
【小野洋平/Twitter】https://twitter.com/onoberkon

賃貸物件は持ち家に比べ、断熱性能が劣ると言われている。もちろん、高級マンションなどは別として、昔ながらの木造や築年数が古い賃貸アパートは“寒い”イメージがある。

かくいう筆者の住まいはというと、まさにそんな「築年数の古い賃貸アパート」。気密性は低く、隙間風がビュンビュンと吹きこんでくる。特に朝方は冷え込み、布団から出るのも一苦労。できることならば、春になるまでこのままでいたい。

エアコンやストーブなどの暖房器具に頼ってもいいのだが、我が家のような断熱性の低い家は冷暖房の効率も悪い。くわえて、コストが嵩み、エコではない。となると、選択肢は1つ。根本から「アパート寒い問題」を解決しなければならないのだ。

そこで目をつけたのが、ホームセンターで売っている断熱材。賃貸物件のため、壁の内側を施工することは難しいが、壁や窓に一工夫することでいくらか暖かくなるのではないだろうか。そこで、今回はセルフ断熱を試み、過ごしやすい部屋に改造してみた。