Column / 2018 09,07

【逆オシャレDIY】自分の部屋を駄菓子屋にしたら、生活が豊かになった

誰もが持つ「オシャレなインテリアに囲まれて暮らしたい」という気持ち。しかし、それではあまりにもみんなと同じすぎませんか?あえて「一般的なおしゃれとは逆のインテリア」を考えてみた結果、「駄菓子屋をDIYで作ろう」という結論に落ち着きました。
※この記事は株式会社バーグハンバーグバーグによる寄稿記事です。

  • 原宿

    オモコロ(https://omocoro.jp/)の編集長。好きな駄菓子は「ミルクせんべい」

  • 永田

    オモコロ副編集長。好きな駄菓子は「ミニビタC」

  • マンスーン

    ライター/WEBディレクター/下町の発明王。好きな駄菓子は「餅太郎」

  • ヤスミノ

    ライター。好きな駄菓子は「甘イカ太郎」

皆さん、こんにちは。

最近、新潟から上京してきたヤスミノと申します。

 

まだ越してきて間もないので、さながら独居房のようにからっぽの部屋で暮らしています。

前科のある人なら落ち着くことができるかもしれませんが、あいにく僕はまだ独居房に入った経験がないので、非常にさみしいかぎりです。

 

これから家具などを揃えていこうと考えているのですが、やはり人間として生を受けた以上、

 

 

 

という欲求からは逃れられません。

 

 

……しかし、一方でこうも思うのです。

 

 

 

オシャレであろうという即物的な考え自体が、オシャレの本質から離れていませんか?

 

時代は一億総逆張り時代……。

一般的にオシャレとされているものから、対極にあるものこそが本当のオシャレといえるのではないでしょうか。

そこで、僕は考えました。真にオシャレな部屋とは何なのか。

40秒もの熟考の末、結論にたどり着きました。

 

僕の、この部屋……

 

 

駄菓子屋にします。

 

……よく考えてみてください。駄菓子屋には

 

・ほどよいヴィンテージ感

・あたたかみ

・人が集まる楽しさ

 

など部屋造りに非常に重要な要素が詰まっているんです。

 

そしてなにより、単純に家が駄菓子屋だったらアガりませんか?

そういう衝動がオシャレ部屋業界に本当のイノベーションをおこすんじゃないんですか?違います?そうでしょ???????

 

賃貸契約書にも「部屋を駄菓子屋にするべからず」と記載されてはなかったので、大丈夫だと思います。

 

 

駄菓子屋……作ります!!!

 

 

 

というわけで、僕の部屋を駄菓子屋に改造するメンバーがこちらです。

 

 

ノスタルジーに耽溺することだけが生きがいのオジサンたちです。

飲み会で昔の話をしては「今の子はわかんないか(笑)」と謎の選民意識を振りかざすのでムチャクチャ腹が立ちますが、今回の企画に関しては心強い仲間です。

 

 

それでは実際に作っていきましょう!!

 

 

まずはお菓子を陳列する棚を作ります。が、あえてここは竹製のシューズラックを使用。カッチリとした棚を使用しないことで、逆に駄菓子屋っぽさを補強します。

 

 

そして壁紙は木目調のものを貼り、年季の入った店内を再現。

 

 

さらに白熱電球の明かりを表現するために、照明はオレンジ色のものに変更しました。

大人の知恵と、それぞれの少年時代の記憶を頼りに理想の駄菓子屋を作り上げていきます。

 

 

……

 

 

そして……ついに……

 

 

完成しました!!

 

 

>>次ページ、完成した駄菓子屋DIYが登場します<<