Column / 2018 10,23 /Part.5

住ま~とアンサー第3回
時間をかけずにパパッと掃除するためのテクニック

「おしゃれな部屋にしたい」「生活感のない落ち着いた家に憧れる」なんて思っていても、現実はすぐに散らかってしまったり、なかなかインテリアがうまくいかなかったりするもの。自分の住まいに対する悩みは尽きないものではないでしょうか。そこで、皆さんのお悩みを解決する方法をプロに教えてもらいました。

■落書きもアルカリ電解水やおしり拭きを使えばきれいに!

prof_img2 編集部
小さなお子さんのいるご家庭特有の悩みだと思うのですが、壁や家具への落書きの対処に困ってしまうことってありますよね。
prof_img2 ぴょこぴょこぴさん
私もちょっと目を離したスキに、ペンやクレヨンで机に落書きされてしまった経験があります……。落とし方は状況によって変わりますが、ボールペンなら、アルカリ電解水をスプレーして、固く絞ったマイクロファイバークロスで拭けばだいたい落ちると思います。それでもだめだったときは、“住宅用の消しゴム”でゴシゴシこする。水性クレヨンだったら、洗剤を使わなくても落ちます。私はおしり拭きや固く絞ったマイクロファイバークロスを使っていますね。

prof_img2 編集部
先ほども「おしり拭きで引き戸のレールを拭く」なんて話もありましたが、おしり拭きってなかなか良い仕事してくれるんですね!
prof_img2 ぴょこぴょこぴさん
大判で素材も柔らかく、拭き掃除に重宝します。水分もたっぷり含まれているので、濡らす手間もかからないし。竹串に巻きつければ、細かい場所の掃除にもぴったりですよ。
prof_img2 編集部
身近にあるものが掃除グッズとして使えるのは便利ですね。
prof_img2 ぴょこぴょこぴさん
掃除のコツは無理なくやることですから。今回は自分で実践している掃除のテクニックをお伝えしましたが、子どもや夫と一緒に掃除することもあります。ベランダ掃除など、子どもが楽しみながらできるものもありますし、フィルターやクルマの掃除などは夫の方が得意なので任せています。「掃除しなきゃ」と思うと大変ですが、自分の生活にうまく取り入れるといいですよ。
prof_img2 編集部
ぴょこぴょこぴさんのテクニックを完全にまねしようとするよりも、自分なりにアレンジしてみるのがよさそうですね! まずは毎日の掃除から実践してみます!

 

――――――――――――――――――――
ポイント(3)
ボールペンなら、アルカリ電解水。水性クレヨンには、おしり拭きやマイクロファイバークロスで落書きを落とそう!
無理のない程度にやっていくことが掃除のコツ。
――――――――――――――――――――

■まとめ

今回教えていただいたポイントは以下の3つ。

ポイント(1)毎日の掃除は普段の動作のついでに行うようにすると効率的!

ポイント(2)+アルファの掃除は、自分のライフスタイルに合わせて上手に取り入れると○

ポイント(3)ボールペンなら、アルカリ電解水。水性クレヨンには、おしり拭きやマイクロファイバークロスで落書きを落とそう!無理のない程度にやっていくことが掃除のコツ。

 

自分のできる範囲で掃除することがきれいな家を保つためのポイント。そのためには、毎日掃除する習慣をつけるとよさそうですね。「ついで」をうまく利用して、ときには家族と一緒になりながら無理なく楽しく掃除していくと○。習慣になったら時間もかからずパパッとできるようになるものです。ぜひ自分なりの掃除法を実践してみてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

マンションと一戸建てのどちらを購入しようか迷っている方のなかで、なかなかマンション購入に踏み切れない方の理由のひとつが、「収納スペース」ではない