Column / 2018 07,30 /Part.3

家のお悩みをすっきり解決! 住ま~とアンサー

「おしゃれな部屋にしたい」「生活感のない落ち着いた家に憧れる」なんて思っていても、現実はすぐに散らかってしまったり、なかなかインテリアがうまくいかなかったりするもの。自分の住まいに対する悩みは尽きないものではないでしょうか。そこで、皆さんのお悩みを解決する方法をプロに教えてもらいました。

■収納は長く使いやすいものをチョイス 常に収納場所のサイズがわかるとベスト!

prof_img2編集部
子どもが自分で片付けてくれるようになったら、かなりラクになりますね。サチさんは、収納の仕方にも工夫されていますが、収納グッズを選ぶときにどんなところに注目しているのでしょうか?

サチさん
ボックスなどは、紙やカゴのものを避けるようにしています。紙だと、手垢がついてしまったり、時間が経つにつれて変色するなど劣化してしまうんですよね。カゴのタイプもホコリが溜まりやすいので、掃除が意外と大変です。できるだけ、長持ちして管理しやすいものを選ぶようにしています。
prof_img2編集部
気に入ったデザインなどで選んでしまいがちですが、実際に使ったときのことを考える必要がありますね。
サチさん
写真に寸法やサイズをメモできるアプリがあるので、家具や棚などだいたいのスペースのサイズはスマホを見ればわかるようにしています。いつでもサイズを確認できる状態にすると、良さそうな収納グッズを見つけたときに役立ちますよ!
▲AR技術を使って、カメラに写すだけで寸法を測ることができるアプリも。
prof_img2編集部
収納グッズを買おうと思ったタイミングで測るのではなく、常にサイズが分かる状態にしているんですか。
サチさん
「この収納グッズが欲しい」と思って探しても、意外といいものに出会えなかったりするんですよね。だから、100円ショップなどで良さそうなものを見つけたら、手元にあるサイズをすぐにチェックしています。いいなと思って買ってみたら、サイズが合わなかった失敗をたくさんしてきているので……(笑)。少し上級者向けかもしれませんが、「どんな家にしようか」と考えるのはワクワクしますよね。楽しみながら片付けをするためにも、やってみるといいと思いますよ。
prof_img2編集部
そうですね。片付けを面倒くさいものだと思わず、楽しんでやることが散らからないための一番の秘訣かもしれません。サチさん、ありがとうございました!

――――――――――――――――――――
ポイント(4)
収納スペースのサイズは、常に把握した状態にしておくと○。
楽しんでできるようになれば、片付けも苦じゃなくなる!
――――――――――――――――――――

■まとめ
今回教えていただいたポイントは以下の4つ。

ポイント(1)トイレ周りなど、片付けは小スペースから始めるとやりやすい!
ポイント(2)ボックスに分けて収納するときは、あらかじめ何を入れるのか明確に決めること!
ポイント(3)子どもの収納は、自分でもできるようにするのがポイント。個人のタイプに合わせた収納法を!
ポイント(4)収納スペースのサイズは、常に把握した状態にしておくと○。楽しんでできるようになれば、片付けも苦じゃなくなる!

ポイントさえおさえれば、これまでよりも片付けがラクになりそうですね。
収納の数や家の広さは変えられないのに、どんどん増えていく荷物……。そんなときでも、工夫次第ですっきり見せることができます。片付けというと、大変なイメージもありますが、整理整頓することによってモノの場所がわかりやすくなって便利です。片付けが苦手で悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

「一生に一度の買い物」とも言われるマイホーム。新築のピカピカな状態で買っても、長年住んでいれば、お手入れも必要になってくるものです。ある程度の年