Column / 2019 02,19 /Vol.3

漢方薬剤師が教える、内側から輝くためのビューティケア Vol.3
「寒さからくる肩こりの悩み。血巡りの悪さはこの方法で解決!」

寒い季節には、カラダがこわばったり固くなる経験をしたことはありませんか?寒くなると肩こりがひどくなるというのも一つの例です。そんな辛い症状は、一体どうやったら改善することができるのでしょうか?

森田博美/漢方薬剤師

大学卒業後、都内の美容クリニックにて勤務する。ダイエットや美肌に悩む患者さまに対し、漢方のカウンセリングと漢方薬の選定を行う。2017年より独立し、健康や美容に関するセミナーやワークショップ、連載執筆など、幅広く活動。ボストンからの帰国子女で、語学を活かして漢方を世界に広めるのが夢。
Website: http://romibalance.com/
Instagram: https://www.instagram.com/romi1208/?hl=ja

■寒いと肩こりになりやすい!

たくさんの人が悩んでいる「肩こり」。日々パソコンやスマホを長時間使用する人や、人前に立ったり緊張することが多い人は、肩こりになりやすい傾向があります。そんな肩こりは、寒い季節になると悪化してしまうことがあります。

・低い気温で、筋肉が凝り固まりやすい
・他の季節に比べて運動量が減る
・服をたくさん着込んだ重みで血行が悪くなる

など、さまざまな原因が複合的に肩こりを引き起こしているようです。

そして漢方では、肩こりは「瘀血(おけつ)」の人がなりやすいとも言われています。瘀血とは、一体どのような状態を指すのでしょうか?