Column / 2019 02,19 /Vol.3

漢方薬剤師が教える、内側から輝くためのビューティケア Vol.3
「寒さからくる肩こりの悩み。血巡りの悪さはこの方法で解決!」

寒い季節には、カラダがこわばったり固くなる経験をしたことはありませんか?寒くなると肩こりがひどくなるというのも一つの例です。そんな辛い症状は、一体どうやったら改善することができるのでしょうか?

■血巡りが悪い「瘀血(おけつ)」

瘀血とは、漢方でいう血(けつ)が滞ってしまう状態のことを言います。イメージでは、血がドロドロしているような感じです。

瘀血があると、肩こりだけでなく冷え性や便秘、ニキビ、頭痛、腰痛、生理痛、生理不順など、さまざまな症状を引き起こしやすくなります。そして瘀血は長い間放っておくと、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病や、子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科疾患になることも。ちょっと怖いですよね。

瘀血になってしまう原因はさまざまですが、ストレス過多や不規則な睡眠、甘いものの食べ過ぎ、脂っこいものの食べ過ぎなどで悪化してしまいます。日々の生活習慣が血流と密に関係していることが分かりますね。

また、カラダが冷えてしまうことで瘀血は更に悪化します。冬に肩こりが悪化しやすいことが分かっていただけたでしょうか?