Column / 2019 12,19 /Vol.1

すっきりクールな男子ルーム。ディスプレイや収納は簡単DIYで理想通りに!

100均リメイクやDIYの達人として、さまざまなメディアで注目を集めるなが みちさん。その手腕はご自宅の子ども部屋でもフルに発揮されています。

今回は小学2年生の男の子の部屋を拝見。クールでボーイズライクなインテリアの中に、なが みちさんならではのDIYアイディアが散りばめられていました。

なが みち

中2と小4の女の子、小2の男の子のママ。子どもたちと工作を楽しむうちにDIYに目覚め、100均リメイクや手作り雑貨、セルフリフォームをスタート。自身のブログやSNSで豊富なアイディアを次々に発信している。
暮らしニスタ https://kurashinista.jp/user_page/detail/1113
ブログ http://no-planlife.com/
Instagram https://www.instagram.com/no_plan_life/?hl=ja

成長してもずっと使える!甘さを抑えた色使いでクールな雰囲気に

グレーを基調とした色使いがシックでかっこいい、なが みち家の子ども部屋。大人でも思わずまねしたくなってしまう男前インテリアです。このアイディアはどこから生まれたのでしょうか。

「以前はリビングの一角にキッズスペースがあって、北欧風のカラフルな色合いでまとめていたんです」

「3年ほど前、そろそろみんな大きくなってきたので、子ども部屋を考え始めて。長女と次女には1室をシェアする“ 女子ルーム” 、長男にはパパと共有の“男子ルーム” を作ることにしました」

1人1部屋にしなかったのは、思春期に独りで閉じこもってほしくなかったから。男子ルームにもパパの持ち物や本などを置き、自然と一緒に使えるようにしたといいます。

「キッズスペースはカラフルにしていたけれど、男子ルームはパパも使うし、本人が成長してからも使えるようにしたいから、抑え目のトーンでカラーリングすることにしたんです」

「もう1つの理由は、落ちついたカラーだと汚れや落書きが目立ちにくいこと。長男はやんちゃで落書きが大好きなので、一石二鳥なんですよ」

このあとはなが みちさんの本領発揮。壁をペイントしたり、壁紙を貼ったり、インテリア窓までDIYで作ったり……もちろん100均アイテムも駆使して、イメージ通りの空間を作り上げていきました。