Column / 2019 12,19 /Vol.1

すっきりクールな男子ルーム。ディスプレイや収納は簡単DIYで理想通りに!

100均リメイクやDIYの達人として、さまざまなメディアで注目を集めるなが みちさん。その手腕はご自宅の子ども部屋でもフルに発揮されています。

今回は小学2年生の男の子の部屋を拝見。クールでボーイズライクなインテリアの中に、なが みちさんならではのDIYアイディアが散りばめられていました。

なが みち

中2と小4の女の子、小2の男の子のママ。子どもたちと工作を楽しむうちにDIYに目覚め、100均リメイクや手作り雑貨、セルフリフォームをスタート。自身のブログやSNSで豊富なアイディアを次々に発信している。
暮らしニスタ https://kurashinista.jp/user_page/detail/1113
ブログ http://no-planlife.com/
Instagram https://www.instagram.com/no_plan_life/?hl=ja

もともとはなんと物置き。 DIYで子ども部屋へと変身!

実はこの部屋、以前は納戸のように使っていたのだそう。子ども部屋に変えるために持ち物をすべて出し、まずは壁のセルフリフォームからスタートしました。

「窓側の壁をブルーグレーの水性ペンキでペイントしたあと、反対側の壁にレンガ柄のビニールクロスを貼りました。柄のあるクロスはピンの穴が目立たないので、フレームなどを気軽に飾れます」

サッシの手前には、DIYで作った木枠のインテリア窓をプラス。無機質なアルミサッシが隠れて、窓回りがぐっとおしゃれな雰囲気になりました。

「窓の前に子どもとお友達が腰掛けて遊んでいるのを見て、落ちたら危ない!と思ったのが、この窓を作ったきっかけ。これがあると座れなくなるので、ここには座らないでね!と注意しなくて済みます」

IKEAのテーブルをL型に並べて、上にクッションやファーを置いたソファコーナー。ファーをはずしてお絵描きをしたり、下にもぐり込んで「基地ごっこ」をしたりと、ソファよりも自由に使えるそう。

かわいい星空モチーフのドアもDIYで。使ったのはなんとマスキングテープ。「星空柄の幅広のマステを全体に貼って、枠の部分だけ白いマステで囲いました。飽きたらはがすだけで元に戻せます」