Column / 2019 12,19 /Vol.1

すっきりクールな男子ルーム。ディスプレイや収納は簡単DIYで理想通りに!

100均リメイクやDIYの達人として、さまざまなメディアで注目を集めるなが みちさん。その手腕はご自宅の子ども部屋でもフルに発揮されています。

今回は小学2年生の男の子の部屋を拝見。クールでボーイズライクなインテリアの中に、なが みちさんならではのDIYアイディアが散りばめられていました。

なが みち

中2と小4の女の子、小2の男の子のママ。子どもたちと工作を楽しむうちにDIYに目覚め、100均リメイクや手作り雑貨、セルフリフォームをスタート。自身のブログやSNSで豊富なアイディアを次々に発信している。
暮らしニスタ https://kurashinista.jp/user_page/detail/1113
ブログ http://no-planlife.com/
Instagram https://www.instagram.com/no_plan_life/?hl=ja

インテリアやディスプレイにも100均アイテムを賢く活用

室内には100均リメイクのインテリアがあちこちに。「手頃だから気軽にチャレンジできて、壊れてもそれほど惜しくないのが、100均リメイクのいいところですね」

部屋のコーナーでひときわ目を引く世界地図のウォールステッカーも、100均アイテムを使ったハンドメイド。「100均の黒板シートを地図に合わせて切り抜いて、壁に貼っただけ。男の子らしい冒険心が育ってくれたら、という思いから地図を選びました」

普通の地図と違ってシルエットなので、見た目がごちゃつかず、すっきりした印象に。男前インテリアにぴったりのアイディアです。

壁にかけた3枚のフレームも、すべて100均で購入。シンプルで大人っぽい黒を選んで、インテリアに溶け込ませています。
右と左はお子さん作品。自由で素直なタッチが見る人の笑顔を誘います。中央はお子さんの名前にちなんだイラストを、ママがセレクト。このバランスも絶妙です。

宝物のフィギュアやおもちゃを並べているディスプレイ棚も、お得意の100均リメイク。右はアイアン製のディッシュラックに板をのせただけという手軽さ。左は木製の飾り棚2コを側面に使い、間に2枚の板を渡しました。

「できあがっているアイテムを組み合わせてアレンジするのは、材料から作るより簡単。どんな風に手を加えようかな、と考えるのも楽しいんです」