Column / 2019 03,29 /Vol.1

食べに行きたい あなたの街のマンガ飯 Vol.1 〜小田急線下北沢駅編〜
三十路飯に登場!分厚く肉汁したたる「ビーフカツサンド」が激ウマ!下北沢の「フライパン」をご紹介!

昨今ブームとなっているグルメマンガ。その中には実際に食べてみたい“美味しいもの”がたくさん登場します。作品に登場したマンガ飯を、個性派グルメライターが実食。マンガの世界にトリップしながら、グルメだけでなく街の魅力も紹介します!

矢崎智也

山梨県生まれのグルメライター。「世の中に散らばったキラリと光る個性的なお店を紹介する」というコンセプトのもと、公式ブログ「へんてこグルメガイド」で記事を執筆。月間PV数は60万を越えるほど。また、雑誌、ウェブメディアでもグルメ記事を寄稿するなど多岐にわたり活躍中。

公式ブログ http://asobigokoroblog.com
Twitter  https://twitter.com/asobikikaku
Instagram https://www.instagram.com/hen_gourmet/

「自家製ささみのジャーキー」550円(税込)

漫画に載っていないメニューでオススメしたいのが「自家製ささみのジャーキー」。
不動のNo.1と言われる自家製ジャーキーで非常に柔らかく、熟成された鶏肉の旨さが口全体に広がっていきました。
赤ワインとの相性がばっちりなので、お酒を楽しみたいという時は、おつまみにぴったりです。

棚にはワインが並べられていて、赤、白、スパークリングを合わせて常時十数種類のワインを飲むことができます。
シェフの趣向を凝らした料理をつまみにワインを飲むのもいいですよね!

「PEAKウィスキー(岐阜)ハイボール」600円(税込)

ワインやサングリアもおすすめなのですが、他ではなかなか見られない岐阜県の“地ウイスキー”も外せません。
「PEAK WHISKY」は、長年の熟成・貯蔵の末に完成される柑橘系爽やかな香りが特徴!特に柑橘系の爽やかな香りはハイボールにするには最適です!
ビーフカツサンドはもちろん、豊富な肉料理とセットで頼めば大満足間違いなし。

傷心していて食欲も出ない!なんて方もいるかもしれないけど、そんな時こそ美味しいものをバクバク食べたほうがいいと僕は思うんですよね!
心が満たされて安定して、やるべき事がはっきり見えてきたりするんじゃないでしょうか!
もちろん辛い時の支えになるのは食べ物だけじゃないはず!好きな服や雑貨を買うのも良し、好きな俳優が出ている演劇を観に行くのも良し、人それぞれあると思います。
下北沢はいろんな人の「好き」が詰まった街。疲れを癒し、明日への一歩を踏み出させてくれる雰囲気が、僕は好きなんだな〜と改めて実感できた気がしました。

■洋食酒場 フライパン
所在地:東京都世田谷区代沢4丁目44−13
営業時間:18:00~2:00
Tel: 03-3418-0647

※掲載の内容は取材時点(2019年3月)の情報に基づくため、変更される場合がございます。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

「シモキタって『はじまるのが遅い街』なんですよ。昼の12時くらいまでお店が全然空いていなくて、ゆったりしているというか、マイペースというか。この