Column / 2019 06,04 /Vol.3

漫画「いつかティファニーで朝食を」に登場!
ソースの香ばしい香りがたまらない名物「焼きそば」をご紹介!

昨今ブームとなっているグルメマンガ。その中には実際に食べてみたい“美味しいもの”がたくさん登場します。作品に登場したマンガ飯を、個性派グルメライターが実食。マンガの世界にトリップしながら、グルメだけでなく街の魅力も紹介します!

矢崎智也

山梨県生まれのグルメライター。「世の中に散らばったキラリと光る個性的なお店を紹介する」というコンセプトのもと、公式ブログ「へんてこグルメガイド」で記事を執筆。月間PV数は60万を越えるほど。また、雑誌、ウェブメディアでもグルメ記事を寄稿するなど多岐にわたり活躍中。

公式ブログ http://asobigokoroblog.com
Twitter  https://twitter.com/asobikikaku
Instagram https://www.instagram.com/hen_gourmet/

■歌舞伎町で24時間営業「かぶきち」。お昼や夜はもちろん朝一でも極上の焼きそばを食べられる!

©マキヒロチ/新潮社

今回紹介するのはマキヒロチさんによる「いつかティファニーで朝食を」(連載中、既刊13巻)に登場する「かぶきち」というお店。歌舞伎町のど真ん中で24時間営業している焼きそば屋さんです。お店があるのは、TOHOシネマズ 新宿の目の前!知る人ぞ知る名店です。お店の前はよく通るけど、24時間営業の焼きそば屋があるなんて知らなかったという人も多いはず!

作中でも映画を見た後、営業時間に驚きながらもその足で「かぶきち」に入る様子が描かれています。そんな「かぶきち」を紹介する前に、まずは漫画からおさらいしましょう!

「いつかティファニーで朝食を」は現代人がおろそかにしがちな「朝食」にスポットを当てながら、恋や仕事に悩む女性たちを描いた作品です。7年間付き合っていた彼氏とも別れ、理想の“朝食”を追い求める日々を決意した主人公・佐藤麻里子を中心に、その高校時代の同級生も含めた4人の女性が物語のメイン。仕事も考え方も様々な4人がそれぞれの悩みを抱えながらも、友情や美味しい朝食の後押しを受けて奮闘している様子がアラサー女子の共感を呼んで、ドラマ化もされるなど、とても人気がある漫画です。

「朝食」をテーマに毎話、実在するお店が登場するのですが、そのお店の幅広さがかなりすごい!都内だけではなく、関西や名古屋、さらには海外のお店も登場するのでびっくりします…!

作者のマキヒロチさんは本作以外にも、同じくドラマ化されて話題となったお引越し漫画『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』も連載しており、実在の土地やお店を漫画に落とし込むのが本当に上手な漫画家さんですよね。

そんな人気漫画の10巻に登場したのが「焼きそば かぶきち」。職場の後輩の送別会を終え、何気なく寄り道をしたくなった麻里子が、映画館でレイトショーを見終わった朝に発見した24時間営業の焼きそば専門店です。それではお店がある新宿に向かいましょう!