Column / 2019 07,05 /Vol.4

漫画「おもたせしました。」に登場!
ひと口食べたら気分はもうベトナム旅行。名物「サンドイッチ」をご紹介!

昨今ブームとなっているグルメマンガ。その中には実際に食べてみたい“美味しいもの”がたくさん登場します。作品に登場したマンガ飯を、個性派グルメライターが実食。マンガの世界にトリップしながら、グルメだけでなく街の魅力も紹介します!

矢崎智也

山梨県生まれのグルメライター。「世の中に散らばったキラリと光る個性的なお店を紹介する」というコンセプトのもと、公式ブログ「へんてこグルメガイド」で記事を執筆。月間PV数は60万を越えるほど。また、雑誌、ウェブメディアでもグルメ記事を寄稿するなど多岐にわたり活躍中。

公式プログ http://asobigokoroblog.com
Twitter  https://twitter.com/asobikikaku
Instagram https://www.instagram.com/hen_gourmet/

■「おもたせしました。」に登場!
アジアンテイストなひと口がたまらない「バインミー☆サンドイッチ」

©うめ 小沢高広・妹尾朝子/新潮社

今回紹介するのは小沢高広さん、妹尾朝子さんによる漫画家ユニット「うめ」による「おもたせしました。」(全3巻)に登場する「バインミー☆サンドイッチ」です。
店名の通りサンドイッチ専門店なのですが、ここで食べられるのは普通のサンドではございません。なんと、ベトナムのサンドイッチなのです。ベトナムのサンドイッチなんて初めて聞いたという方も多いのでは?

お店は早稲田大学がある高田馬場駅の近くにあります。安いのにボリュームもあるため、多くの学生からも愛されているんですよ。まずは漫画からチェックしてみましょう!

「おもたせしました。」は「手土産」をテーマとしていて、数多くあるグルメ漫画の中でも珍しい作品です。仕事の取引先や友人宅などに訪問することが多い主人公の寅子。訪問に欠かせない“手土産”選びにはかなりこだわるタイプ。先方の好みやシチュエーションに合わせて、ふさわしい手土産を選んでから向かいます。

毎回自分が食べたいものを手土産に選んでしまうせいか、いつも訪問先でお腹を鳴らしてしまう寅子。結局、自分が持ってきた「おもたせ」ですが、一緒に食べてしまいます。文学知識が豊富な寅子が食べている手土産を絡めながら語るうんちくや小説の一節などがどれも面白く、タメになるお話も多いんです。

“手土産”って古き良き文化だけど、慣れていないと何を持っていけばいいのだろうと悩んでしまいますよね~。この漫画を読んでいれば、絶対に喜んでもらえる手土産がすぐに見つかりますよ。寅子がいつも着ている着物も「かわいい!」と女性読者から評判です。

2人組で描いている漫画家さんも多いと思いますが、「おもたせしました。」を描いている「うめ」のおふたりは男女であり、そして夫婦でもあるという珍しい漫画家ユニット。夫である小沢さんがシナリオを担当し、妻の妹尾さんが作画を担当しています。
そしてこの漫画の最終話で、「バインミー☆サンドイッチ」が手土産として持参されています。
最終話では6品ものお店が紹介されている贅沢な回となっているので要チェックですよ。

©うめ 小沢高広・妹尾朝子/新潮社

それではお店がある高田馬場駅に出発です!