Column / 2018 12,25

ご当地の味が大集合!全国お雑煮No.1決定戦

お雑煮といえば味も作り方も地域ごとに全然違いますよね。でも、結局どこのお雑煮が一番美味しいのか気になりませんか?ということで、いろんな都道府県出身のライターたちが、実家のお雑煮を持ち寄って食べ比べをしました。お雑煮No1に輝くのはどこのお雑煮なのか! ※この記事は株式会社バーグハンバーグバーグによる寄稿記事です。

続いては福島県出身のかんち!
おじいちゃんが会社の社長で、毎年大量の年賀状が届いていたため、幼少期はお年玉くじで豪遊していたそうです。スネ夫のお正月かよ。

 

そんなかんちのお雑煮はこちら!

 

初めて見るお雑煮を前にするとなぜか品評会みたいな姿勢になる

さっきと違って丸餅だ!
僕はこの形の方が馴染みありますね
ちなみに、今回はさすがに再現できなかったんですけど、うちでは「つきたての餅」を使ってました
家で餅をつくの? 買わずに?
毎年の恒例行事みたいなもんでしたね
ちゃんとしてるご家庭だなあ

あとは「しみ豆腐」が入ってるのが特徴ですかね。これは多分我が家だけじゃなくて、福島県の雑煮にはだいたい入ってる気がします
しみ豆腐?
高野豆腐みたいなやつです。出汁を吸ったこれが美味しいんですよ〜

細切りにした「しみ豆腐」を入れるのが特徴

へ〜! 初めて聞いた!
「豆腐を入れる」と聞いたらギョッとするけど、高野豆腐ならなぜか違和感がない気がするね!
うちではお湯で戻してから細切りにしたものを入れてたそうです
その「しみ豆腐」って普通の高野豆腐とは何が違うんですか?

知りません
ウソだろ
当たり前の存在すぎるから、そんな改めて言われると説明できないよ
気になる〜

※どうやらほぼ同じものらしいです

個人的に、福島雑煮の出汁が透き通ってるのは意外だったな〜。勝手に東北雑煮には味噌っぽいイメージを持ってたのかも
東北と言えば「芋煮」ですし、そのイメージじゃないですか?
あ〜! たしかにそうだ!
実家福島の「芋煮」はたしかに味噌系でしたね。でも山形の芋煮は醤油味だと聞いたことがあるので、ひょっとしたらそっちのお雑煮は逆に味噌味だったりするのかも?
芋煮とお雑煮ってやっぱり関係があるんですか?

知りません
曖昧なままプレゼンしないで〜!
そんな質問、郷土史を修めてないと答えられなくない?

お雑煮にまつわる思い出話にも花が咲きました

うちではお雑煮はいつもおばあちゃんが作ってくれていたんですけど、正直子供の頃はそんなに好きじゃなかったんですよね
あ〜! わかる!
子供の頃ってお雑煮自体、あまりピンとこないもんね
大学生の頃からは美味しさに気付いて毎年楽しみにしていました。でも今ではおばあちゃんもボケてしまって、あの味は二度と食べられなくなりました
オ〜ゥ……
フルハウスの観客の声が出ちゃった
しんみりしちゃう話ですね

そんな祖母の味を再現したお雑煮。かんちいわく、本物はもっと美味しかったとのこと。

あの〜。これ今言うことじゃないかもしれないんですけど
はい

このお雑煮、彩りがないよね
鬼かよ
本当に今言うことじゃない
いやいや! 悪く言ってるんじゃなくて、緑色がないな〜と思って。野菜が入ってないのは僕の中では珍しいんですよ
たしかにそれは僕も再現しながら思ってました。なんか色味が足りない気がするんですよね〜
う〜ん……。私の実家では野菜は入れないのでそんなに違和感ありませんけど……
あれ〜どうだっけ……? そう言われてみれば野菜入ってたような気も……??
そこ自信ないんかい
おばあちゃんの味を曖昧なままにしないで〜!

 

おばあちゃんの味を再現するべく奮闘したかんちのお雑煮!
高野豆腐という特徴もありながら、どこか懐かしさが漂う味でした。

 

>>次ページ、首都東京のお雑煮をごろうじろ!<<

 

1. 全国お雑煮No.1決定戦 ルール説明
2. モンゴルナイフの家庭のお雑煮(北海道)
3. かんちの家庭のお雑煮(東北)
4. マンスーンの家庭のお雑煮(関東)
5. 長島の家庭のお雑煮(中部)
6. ギャラクシーの家庭のお雑煮(近畿)
7. 小野ほりでい&河野の家庭のお雑煮(中国、四国)
8.かまどの家庭のお雑煮(九州)