Column / 2019 06,07

ジメジメ空間を快適空間へ!
湿気対策をしながら、梅雨のインテリアコーディネートを楽しむ。

梅雨の季節ですね。学生時代の私は、梅雨のジメジメした感じが苦手でした。なんとなくけだるく、蒸し暑く憂鬱な時間を過ごしていたのを覚えています。
インテリアコーディネーターの仕事をするようになって、お客様に季節の提案をしていく機会を頂き、「梅雨の楽しみ方」に気づきました。梅雨を楽しむには、湿気対策と向き合うことが必要となってきます。
毎年必要なことですので、誰でもすぐに実践ができる方法をご紹介します。

Mako(小島真子)

インテリアコーディネーター

株式会社Laugh style代表。
普段は、法人個人問わず、新築時や引っ越し時の家具のレイアウトや選定、店舗・病院・エステサロン等のインテリアデザイン、他インテリア系のコラム執筆・メディアへの企画協力をしています。
http://ameblo.jp/komajimako/
Twitter: https://twitter.com/komjimako
Instagram: https://www.instagram.com/kojimamako/

■身近で使える湿気対策グッズ

100円ショップやホームセンターに行くと、据え置きタイプやハンガータイプの除湿剤を含め湿気対策グッズが数多く販売されています。コスト的にも手軽に購入できるので、しっかりと続けられそうです。

押し入れ・クローゼット内の湿気は下にたまりやすい為、除湿剤を床に近い場所に設置することで、効能を発揮します。
ハンガーにかけるタイプの除湿剤グッズなどもあるので、併用するとより良いでしょう。除湿グッズを設置し、定期的に扉を開けて換気を行うことで手軽に湿度調整ができます。
また、除湿剤は炭や重層で手作りすることも可能です。余り布で炭や重層をくるんで口を止めるだけの簡単な仕上がりです。

オリジナルのパッケージを楽しみながら作ってみるのも良いかもしれません。他にも布団等をクローゼットに収納する場合は、すのこを活用してみるのも湿気対策の1つです。

▲手作り除湿グッズのイメージ

▲手作り除湿グッズの設置イメージ

 

・家電を使って機能的に快適を

除湿器などを使用すると、簡単に湿度調整することが可能です。ただ、設置の手間や保管スペースの面を考えると、扇風機やサーキュレーターで代用してしまうのも手です。扇風機やサーキュレーターは、エアコンと併用し、室内の空気循環をすることも可能な為、夏の暑い時期には体感温度を下げることにも役に立ちます。