Column / 2019 05,17 /Vol.2

旬のアスパラガスをおいしく簡単に肉巻き照り焼きのレシピ

忙しい毎日の食事は出来るだけ早く、簡単に、美味しいレシピが嬉しいですよね。そんな時におすすめなのが「レンジ調理」。フライパンや鍋でつきっきりにならなくても、ほったらかしで美味しいご飯が出来て、洗い物も少ない、そんな忙しい人にこそ作って欲しいレシピをご紹介します。

たっきーママ(奥田和美)

料理研究家/フードアナリスト
「料理レシピ本大賞 in Japan 2016」入賞。
「レシピブログアワード」お弁当部門3年連続グランプリ受賞、殿堂入り。
「たっきーママの簡単作りおきと時短おかずで朝すぐ!弁当」(扶桑社)他、著書累計100万部突破。
Twitter:https://twitter.com/kazumi_okuda
Instagram:https://www.instagram.com/kazumiokuda/

「旬の野菜は栄養素が3倍!」

こんにちは、たっきーママです。

新年度から一ヶ月が過ぎ、進級や進学、入社など、新しい環境に身を投じた方も少しずつ慣れて来ると同時に疲れも出てくる頃ではないでしょうか。

春は生き物が活動を始める季節。
同時に、人間の新陳代謝も活発になります。
冬の間に体内に溜まった老廃物を出すには今がチャンス。
ビタミンがたっぷり含まれた春野菜をたくさんとり入れることで、体が元気になるんです。
旬の野菜は、旬ではない野菜に比べて栄養素が3倍、と言われています。
では、今回ご紹介するレシピで使用する旬の食材は、どのような体に嬉しい働きがあるのでしょうか?

「この時期のアスパラガスは栄養満点」
まずはアスパラガス。βカロテンやアスパラギンが豊富で、主に疲労回復の効果が期待できます。通年手に入るようにはなりましたが、特に今の季節のアスパラガスは冬に比べて栄養がたっぷり含まれています。

さらにこれにビタミンB群が多く含まれる豚肉をプラスすることで、疲労回復の効果が倍増すると同時に美肌も期待できる、といういいことずくめのレシピなんです。

「じゃがいもと新じゃがって何が違うの?」
ホックホクの新じゃがは今の季節のお楽しみ。
では、通年出回っているじゃがいもと新じゃがの違いって何なのでしょうか。

実は、じゃがいもと新じゃがの品種は同じなのです。
じゃがいもは秋頃に収穫されたものが貯蔵されますが、新じゃがは貯蔵されることなくすぐに出荷されます。
そのため、皮は薄く水分も多い新じゃがはなんと生でも食べられます。ふかすと通常のじゃがいもよりもホックホクに。
さらに、皮にはかなりの栄養素があるため、新じゃがのレシピでは香ばしいという理由だけではなく皮つきのままご紹介させて頂くことが多いです。
ぜひ皮つきのまま、美味しく栄養も一緒に食べたいですね。

「いちごの食べ方で美肌効果UP!」
今の時期のデザートには、子供から大人までみんなが大好きないちごがおすすめ。

いちごにはレモンをはるかに上回るビタミンがたっぷり!
美肌効果やアンチエイジングだけでなく、むくみを改善したり風邪や花粉症、整腸作用にも効果が期待できるという、特に女性にはとっても嬉しいフルーツ。
そんないちごは、そのまま食べるのはもちろん、なんと乳製品と一緒に食べることでその効果は2〜3倍になると言われているんです。
いちごと乳製品という組み合わせは、美味しいだけでなく体にも嬉しいことがいっぱい!せっかくなので効果的に食べたいですよね。

ということで、今回は春に美味しくて栄養満点なレシピをご紹介します。
もちろん全て、レンジでチンするだけで出来るものばかり。

思い立ったらすぐ作れるものばかりなので、ぜひ美味しい時期に作ってみて下さいね。