Column / 2019 07,12 /Vol.4

食欲がない時でも食べやすい!豚肉とみょうがの出汁あえレシピ

忙しい毎日の食事は出来るだけ早く、簡単に、美味しいレシピが嬉しいですよね。そんな時におすすめなのが「レンジ調理」。フライパンや鍋でつきっきりにならなくても、ほったらかしで美味しいご飯が出来て、洗い物も少ない、そんな忙しい人にこそ作って欲しいレシピをご紹介します。

たっきーママ(奥田和美)

料理研究家/フードアナリスト
「料理レシピ本大賞 in Japan 2016」入賞。
「レシピブログアワード」お弁当部門3年連続グランプリ受賞、殿堂入り。
「たっきーママの簡単作りおきと時短おかずで朝すぐ!弁当」(扶桑社)他、著書累計100万部突破。
Twitter:https://twitter.com/kazumi_okuda
Instagram:https://www.instagram.com/kazumiokuda/

「暑い日が続く時こそしっかり食べて疲労回復へ」

こんにちは、たっきーママです。

7月に入り本格的な夏に突入したと同時に、暑さで食欲減退している方も多い頃かと思います。
食欲がないから食べない→体力がつかず疲れも回復しない→食欲がないから食べない・・・と悪循環になりがち。
ということで、今回は食欲がない時でもさっぱりしていて食べやすく、疲労回復にもなる季節の野菜を使ったレシピを中心にご紹介して行きます。

 

「みょうがでむくみを取ってスッキリ」

成分のほとんどが水分と言われているみょうがの中でも、注目したいのは「カリウム」。
カリウムは体内の水分を調整してむくみを取ってくれる役割があります。

この季節、暑いからと冷たい飲み物をたくさん飲んでしまいがち。
塩分や水分の摂りすぎや体の冷えはむくみの原因となり、むくみをそのまま放置しておくと女性にとっての大敵である、あの「セルライト」に繋がっていくのです。
ですので、むくまないように心がけるだけでなく、むくんでしまったらその日うちに解消するのが一番。
もちろん、みょうがは食欲増進や疲労回復の効果も期待でき、味もさっぱりしていて肉、魚と合わせると爽やかにしてくれるので、薬味としてだけでなく料理に取り入れて夏は積極的に食べることをお勧めします。

 

「梅干しと大葉の組み合わせは最強!」

梅干しと大葉、この2つには体に嬉しい共通点がたくさん。

疲労回復、食欲増進、消化促進、胃腸を整えて血液をサラサラにする、などの他に殺菌効果もあるので、夏場のご飯やお弁当にもぴったり。
そんな効能のある2つを合わせれば最強、さらに梅干がしそ漬けなら無敵ではないでしょうか。
一度にたくさん食べるのは難しい2つの食材ですが、組み合わせると美味しいだけでなく体にもとってもいいので、毎日少しずつ食べると夏バテ知らずでいられるかもしれませんね。

 

「美容効果抜群!女性の夏場の味方ズッキーニ」

夏野菜の1つであるズッキーニは、何と言っても美容効果が抜群!

むくみを取ってくれるだけでなく、便秘や美肌効果、新陳代謝アップ、コラーゲンの生成促進、紫外線対策で美肌効果など、もうこれは丸かじりしてやろうかってくらい美への期待のオンパレードです。
夏の紫外線は肌だけでなく、髪の毛のダメージや疲労にもつながります。日焼け止めや帽子などで紫外線対策をするだけでなく、体の内側からも紫外線対策をしましょう。

 

さて今回は、そんな夏の疲労回復にぴったりの食材を使って、さっぱり食べられるレシピをご紹介していきます。

食欲がない時こそ、体が食べることを必要としている時。
暑さで食欲がわかない時でも食べやすいものばかりなので、よかったら作ってみて下さい。