Column / 2019 04,26

1番センスのいい仕送りは誰だ! 未来の我が子に贈る「仕送り選手権」

一人暮らしを経験した多くの人が経験する、親からの「仕送り」。お金がない我々にとって非常にありがたいものでした。しかし、そんな「仕送り」にもセンスがあらわれてしまうもの。未来の子供たちに「親からの仕送りセンスねえ~」と煙たがられてしまうわけにはいきません。というわけで、未来の子供たちからのリスペクトを勝ち取るべく「仕送り選手権」を開催しました。
※この記事は株式会社バーグハンバーグバーグによる寄稿記事です。

  • ヤスミノ

    ライター。最近、実家から地元名物でもない「イカ飯」が大量に送られてきた。

  • ARuFa

    母親から一度だけ仕送りをもらったことがあるが、内容は何故かヘッドライトだった。

  • モンゴルナイフ

    ウェブディレクター。一人暮らしをしていたとき、両親から頻繁に人参・じゃがいも・玉ねぎの仕送りが届いていた。

  • 山口

    1歳の子がいるウェブディレクター。仕送りを送るような日が永遠に来なければいいのに、と思っているくらい溺愛している。

  • かんち

    2歳と5歳、二人の子供を持つウェブディレクター。仕送りに入っていて一番嬉しいものはビール券。

  • 永田

    ライター。二児の父。一人暮らし経験は全くないが、仕送りセンスには自信満々。

  • 小山健

    キズパワーパッドを信頼しているマンガ家。2歳3ヶ月の娘がいる。

  • 原宿

    オモコロ(https://omocoro.jp/)の編集長。もうすぐ3歳の娘がいる。

厳正な審査の結果、優勝を勝ち取ったのは……

小山健さんです!!!!

お父さんからの愛をいっぱい感じました。一人暮らしをしているときに自分で買えなかったものがたくさん入っていて、届いたときにこれが一番嬉しいんじゃないかと思いました。

一人暮らしでこのダンボールを開いたら、実家にいた頃は嫌だと思っていたお父さんのユーモアが恋しくなって泣いちゃうかも

必需品よりも、普段の購買意識より少し上の商品を送ってくれるのは、親の心遣いが感じられてよかったです。シャツはゴリゴリに気持ち悪かったですが……
ダンボールに書いた「papazon」は最悪でしたが、実際にもらって嬉しいのは小山さんのでした。

 

男物のシャツなど、親のエゴが見え隠れる内容ではありましたが、そんな親の押し付けがましさも仕送りの本質なのかもしれません。

しかし、そもそも仕送りに優劣をつけること自体ナンセンスなのです……。

親が選んでくれたそれぞれの仕送りが、あなたにとっての1位なのですから……。

以上! 「仕送り選手権」でした!

本当はダンボールに自分を詰めて送りたかったそうです。

(おしまい)

 

合わせて読もう!

これだけはマジでやめて!「自分の部屋でされたら嫌なこと座談会」

未来の自分への投資!老後の趣味を今から始めてみる

 

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

20代は「住まいの購入なんてまだまだ」と考える人が多い年齢ですが、経済的には一軒家購入可能な人が少なくありません。メリット・デメリットを検証して