Column / 2019 06,25 /Vol.2

ママのための簡単ナチュラルクリーニングのすすめ

こんにちは。暮らし整えサポーターの横田ちひろです。
毎日のお掃除。一度キレイにしても、繰り返す汚れにイライラ!たくさんの種類の洗剤。買ったものの、使いきれない!忙しくて、掃除する時間がない!
そんなお悩みを持つママに、環境や子どもの肌にも優しい “簡単ナチュラルクリーニング” のコツをお伝えします。

横田ちひろ

兵庫宝塚の暮らし整えサポーター。ライフオーガナイザー1級。スター・ペアレンティングのファシリテーターもしています。小学生の娘と夫、老猫とのんびりマンション暮らし。家族が “ほっと” くつろげるおうちの環境づくりのサポートをしています。暮らしニスタでは主にママが「楽になる」収納や暮らしのアイデアと、子どもの成長や気持ちに寄り添う、家の仕組作りについて投稿♪趣味は畑づくり(有機野菜)です。
Blog:https://ameblo.jp/maisonchihiro
HP:https://maisonsoleilstar.jimdo.com/
Instagram:https://www.instagram.com/yokota.chihiro/
暮らしニスタ:https://kurashinista.jp/user_page/detail/5109

■物理的に落とす~道具はシンプルでよし~

掃除の基本手順は、掃く(ゴミやホコリを除く)→拭く→仕上げ磨きの3ステップ。
さらに上から下に掃除するのがポイントです。

家の汚れは、洗剤や特別な道具を使わずに、手をつかって雑巾で水拭きするだけでとれる場合も多いので、まずは固く絞った雑巾で汚れを拭いてみて。それで難しいなら、ナチュラル洗剤を使ってみましょう。

実際のナチュラル掃除のやり方は、

例えば、キッチンの油系のベタつきには、セスキ液(水500mlに対して小さじ1のセスキ炭酸ソーダ)をスプレーし、雑巾などで拭き取る。

ドアノブについた手あかや、フローリングについた足裏の皮脂汚れ。浴室の湯あか落としも同様の使い方でOK!(ただし、無垢材や生木のフローリング材には使えないので注意)

キッチンシンクや浴室の水あか、蛇口のカルキ汚れには、クエン酸液(水200mlに対して小さじ1のクエン酸)をスプレーし、その後濡れ雑巾で拭いておきます。
クエン酸は除菌力も強いので、まな板の除菌や冷蔵庫内の掃除にもおすすめです!

直接洗剤を吹きかけるのが不安な場合は、まずは雑巾にスプレーして拭いてみましょう。

雑巾で取れない頑固な汚れには、

・古歯ブラシなどのブラシ類
・割りばし(しつこい汚れをこそぎとったり、布を巻いて細かい箇所の汚れを取ったり)
・メラミンスポンジ など、

身近に手に入る道具も用意しておけば便利です。

道具も洗剤もシンプルにする事で「掃除って難しいし、面倒…」という気持ちから解放されることもあります。

これらのお掃除道具は、持ち運べるようにまとめるか、使う場所でさっと取り出せるよう、収納しておくといいですね。