Column / 2019 06,25 /Vol.2

ママのための簡単ナチュラルクリーニングのすすめ

こんにちは。暮らし整えサポーターの横田ちひろです。
毎日のお掃除。一度キレイにしても、繰り返す汚れにイライラ!たくさんの種類の洗剤。買ったものの、使いきれない!忙しくて、掃除する時間がない!
そんなお悩みを持つママに、環境や子どもの肌にも優しい “簡単ナチュラルクリーニング” のコツをお伝えします。

横田ちひろ

兵庫宝塚の暮らし整えサポーター。ライフオーガナイザー1級。スター・ペアレンティングのファシリテーターもしています。小学生の娘と夫、老猫とのんびりマンション暮らし。家族が “ほっと” くつろげるおうちの環境づくりのサポートをしています。暮らしニスタでは主にママが「楽になる」収納や暮らしのアイデアと、子どもの成長や気持ちに寄り添う、家の仕組作りについて投稿♪趣味は畑づくり(有機野菜)です。
Blog:https://ameblo.jp/maisonchihiro
HP:https://maisonsoleilstar.jimdo.com/
Instagram:https://www.instagram.com/yokota.chihiro/
暮らしニスタ:https://kurashinista.jp/user_page/detail/5109

■できることを、できる形で。おすすめは “ついで掃除” と “だけ掃除”

ピカピカ・サラサラが、日々の生活の中で実感できると、心もスッキリ!暮らしのモチベーションも上がります。

とはいえ、毎日忙しいママ。だからこそ無理をせず “できることをできる形で” を目指し、無理せずに「続くお掃除」を。

そのためにも、
・ついで掃除
・○○だけ掃除 を、私はおすすめします。

ついで掃除とは、いつも習慣でしている行為のついでに、掃除をくっつけること。

例えば、朝の歯磨きついでに、洗面所の鏡を掃除する。
夕食後の洗い物ついでに、コンロを拭く。
夜寝る前のトイレついでに、便器周りをさっと磨く。

掃除も身についた習慣になると、いつの間にか苦ではなくなるもの。自分がラクと思う、“ついで” のタイミングを色々試しながら、まずは1週間続けてみて!

また、“きれい” と感じる感覚は人それぞれ。

改めて、自分や家族が気持ちいいと思う “きれい” の基準を見つめ直し、“どこまで掃除するか” を、自分の価値観で決めてみましょう。

それが、○○だけ掃除。

毎日ここだけ・〇〇日に一度・〇〇月に一度・外注する・掃除しない

自分ができる範囲と頻度で、ここさえ掃除したらOK!と決めてしまう。そうすると、“やってもやってもきりがない!” という気持ちから解放されるかもしれません。

人が元気で生きていると家は汚れるもの。
それに、ママには時に掃除より大切な事だってある。

掃除は日々の繰り返しなので、やりすぎず、がんばりすぎず “いい加減” で、無理なく続けましょうね。