Column / 2019 09,06 /Vol.3

洗面所にある?ある!使い古しの歯ブラシを二次利用するお掃除ワザ

整理収納アドバイザー・ハウスキーピングコーディネーターの丸 マイです。
突然ですが、みなさんのご家庭にもありますか?
使い古した歯ブラシや旅先から持ち帰った個包装の歯ブラシ。

ある!ある!とうなずいた方、そうです、捨ててしまってはもったいない!
その歯ブラシ、ほんの少し加工するだけで家中のさまざまな場所で活躍する便利な万能ブラシに変身しちゃいます。
今回は、歯ブラシを使った、目からウロコのお掃除術をご紹介します。

丸 マイ

『楽に暮らしたい!』をモットーに、アイデアお掃除とらくらく収納を実践しています!整理収納アドバイザー・ハウスキーピングコーディネーターとして活動中。

Blog:http://ameblo.jp/mar1024chan/
HP:http://mawaru-kurashi.com
暮らしニスタ:https://kurashinista.jp/user_page/detail/1857

■ブラシの柄の部分を外側に曲げて、お掃除

ブラシを熱めのお湯に浸けて、毛を下にして親指で押すように曲げます。
上の写真くらいまで曲げればOK!さっそくお掃除に使っていきます。
※やけどしないよう十分に気をつけてください。

①排水口

洗面台の排水口は、開口が小さく大きなブラシでは奥まで届きにくい為、歯ブラシがぴったり。汚れをしっかりとかき出すことができます。

②換気口

天井の換気口は、外して洗うのがベストですが、割れやすいプラスチックのカバーを何度も着けたり外したりするのは、気が引けるもの。そこで、外曲げした歯ブラシで、カバーを着けたまま手軽にホコリを取ることにしました。
ブラシに角度がついていることで、ブラシ全面が溝にフィットして、高い部分のホコリも簡単に取れます。日頃のブラシ掃除にときどき水洗いで、トイレや洗面所の換気口はキレイを保てます。

③はばき

床の拭き掃除は、雑巾がけ?モップやワイパーで立ったまま?
立ったまま派の場合、見落としがちなのが、はばきのホコリ。
この、はばきと歯ブラシの幅がピッタリなんです!気がついた時にスッとなぞるだけで、面白いほどホコリが取れます。
水も洗剤も必要ないので、お子さんにお手伝いしてもらってもよいですね。