Column / 2019 10,04 /Vol.1

実は冬が旬の「にんじん」使い切りレシピ3選

旬の食材はおいしいだけでなく、安くて栄養満点。積極的に食べたいものですが、「買ったはいいけど使いきれない!」「どうせ余らせちゃうなら買うのやめようかな…」なんて経験がある人もいるのでは。
そこで旬の食材を使って、“瞬間”で作れる3つのレシピをご紹介!おうちの冷蔵庫の「余った」をなくします!

ジョーさん。

料理研究家

世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。
食の企画会社にて3年の勤務を経て独立。Webで“バズる”企画を得意とし、Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね!を獲得、テレビなど各メディアで注目を集める。
企業様向けレシピ開発、レシピ動画、記事の企画開発、執筆、撮影、編集、フードコーディネートを一貫して行います。
Twitter:https://twitter.com/syokojiro
Instagram:https://www.instagram.com/syokojiro1206/
ブログ:http://tabetano.main.jp/

[にんじんのβ-カロテンを活かすには皮ごと+油炒めがコツ!]

にんじんにはβ-カロテンが豊富に含まれており、含有量は食材の中でトップクラス。β-カロテンは皮膚や粘膜、目の健康維持に必要とされる成分です。β-カロテンは油と一緒に食べることで効率的に摂取することができるとされているので、さっと炒めたり、油を使った他の料理と食べ合わせるようにするのがおすすめです。
βカロテンは特に皮の下に多く含まれるため、皮ごと調理するか、気になる場合は薄くピーラーで剥いて調理するのがおすすめです。

旬のにんじんは水分をたっぷりと含んでいて、甘く、やわらかいので、そのままじっくり焼いて人参ステーキにするだけでもおいしく召し上がれます。また、香りも強いので香味野菜としてシチュー等に使うのもおすすめですよ。

[にんじんを選ぶ時はここをチェック!]

・葉の切り口が小さく、緑色っぽいこと
美味しいにんじんを選ぶときには、葉っぱの切り口の部分を観察してみましょう。
この切り口が小さいほど、やわらかくておいしいにんじんです。この部分が太いものは育ちすぎていて、固いにんじんであることが多いのです。
また、切り口が緑色っぽく、みずみずしいものは新鮮な証拠です。逆に茶色がかっているものは収穫してから時間が経っているので、できるだけ避けた方がいいでしょう。

・オレンジ色が濃く、表面がなめらかなであること
また、全体にオレンジ色が濃く、傷やひび割れのないものを選びましょう。にんじんのオレンジ色はβ-カロテンの色だとされており、この色が濃いほどβ-カロテン豊富だと言えます。

 

一年中手に入るにんじんですが、旬の味はまた格別。おいしくて栄養も豊富なので、ぜひ食卓に取り入れたいですね。特に今回ご紹介したレシピは身近な材料ですぐに作れるレシピばかりなので、ぜひ試してみてください!

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

クリスマスはもちろん、いまではハロウィンも日本では定番のイベントとなってきました。最近では、イースター(復活祭)までもが、“新たな文化”として注