Column / 2019 11,29 /Vol.3

冬といえばこれ!「白菜」使い切りレシピ3選

旬の食材はおいしいだけでなく、安くて栄養満点。積極的に食べたいものですが、「買ったはいいけど使いきれない!」「どうせ余らせちゃうなら買うのやめようかな…」なんて経験がある人もいるのでは。
そこで旬の食材を使って、“瞬間”で作れる3つのレシピをご紹介!おうちの冷蔵庫の「余った」をなくします!

ジョーさん。

料理研究家

世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。
食の企画会社にて3年の勤務を経て独立。Webで“バズる”企画を得意とし、Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね!を獲得、テレビなど各メディアで注目を集める。
企業様向けレシピ開発、レシピ動画、記事の企画開発、執筆、撮影、編集、フードコーディネートを一貫して行います。
Twitter:https://twitter.com/syokojiro
Instagram:https://www.instagram.com/syokojiro1206/
ブログ:http://tabetano.main.jp/

こんにちは!料理研究家の、ジョーさん。です。

冬に食べたくなる野菜の代表格といえば、白菜!
新鮮な白菜は水分をたっぷり含んでいて、煮炊きすることで白菜から出た水分が料理にしみわたり、滋味たっぷりの料理を作ることができます。

お値段も安定して安いのでついつい買ってしまうのですが、意外と使い切るのが大変なんですよね。鍋にするのもいいのですが、同じものばかりだと飽きてしまいますよね。

そこで今回も、白菜を使い切るための3つのレシピ、選び方、保存方法についてご紹介してまいります!

 

+

 

[レンジで作るしっとり白菜水晶鶏]

鶏むね肉に片栗粉をまぶして茹でて作る「水晶鶏」ですが、レンジでも作ることができるのです!

白菜は水分が多いので、ラップしてレンジ加熱することで、蒸し器や水がなくても蒸し調理ができます。
蒸し料理なので肉のうまみが流出せず、しっとりやわらかく、鶏肉の味が濃く仕上がりますよ。

白菜のシャキシャキ食感との相性も抜群です!

[レシピ]
2食分
調理時間 12分

[材料]
鶏むね肉 1枚
塩 小さじ1/2
水 大さじ1
片栗粉 大さじ3
白菜 250g(3〜4枚)
青ネギ 2本
ポン酢 大さじ2
ごま油 大さじ1

[作り方]
1.青ネギは小口切りにする。白菜は1cm幅に切る。鶏むね肉はそぎ切りにし、塩、水を揉み込み、全体に片栗粉大3をまぶす。

2.ボウルに1の白菜、鶏むね肉の順で入れたら、ふんわりラップし600Wのレンジで8分加熱する。

3.ラップをとらず2分置いて余熱で火を通す。

4.器に盛り、1の青ねぎをのせ、ポン酢、ごま油を混ぜ合わせてかける。

 

[補足]
白菜は緑の葉の部分と、白い部分を分けて切ることが多いですが、こちらはレンジで均一に火を通してしまうので分けずに切ってしまってOKです。

鶏むね肉にしっかりと火が通っているのを確認してから召し上がって下さいね。

電子レンジは外側から熱が入っていくため、ドーナツ状に食材を置くことで加熱ムラを防ぐことができます。

 

とにかく手軽に仕上げたい一品なのでポン酢+ごま油をおすすめしていますが、他には柚子こしょう、七味唐辛子、酢醤油などもおすすめです。

一手間かけてもっとおいしくしたい!という方はこちらのタレをどうぞ。

[レシピ]
青ねぎの小口切り 2本分 チューブにんにく 2cm 塩 ひとつまみ ごま油 大さじ2 レモン汁(または酢) 大さじ1

以上を混ぜるだけで、酸味とごま油の香りが調和した中華風のタレになります。