Column / 2020 01,17 /Vol.4

冬がいちばんおいしい「大根」使い切りレシピ3選

旬の食材はおいしいだけでなく、安くて栄養満点。積極的に食べたいものですが、「買ったはいいけど使いきれない!」「どうせ余らせちゃうなら買うのやめようかな…」なんて経験がある人もいるのでは。
そこで旬の食材を使って、“瞬間”で作れる3つのレシピをご紹介!おうちの冷蔵庫の「余った」をなくします!

ジョーさん。

料理研究家

世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。
食の企画会社にて3年の勤務を経て独立。 Webで“バズる”企画を得意とし、Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね! を獲得、テレビなど各メディアで注目を集める。
企業様向けレシピ開発、レシピ動画、記事の企画開発、執筆、撮影、編集、フードコーディネートを一貫して行います。
Twitter: https://twitter.com/syokojiro
Instagram:https://www.instagram.com/syokojiro1206/
ブログ: http://tabetano.main.jp/

[火を使わずに作れる人気おかず!レンジで豚バラ大根]

[味の感想]
大人から子どもまで人気のおかず「豚バラ大根」ですが、レンジで作ることで火を使わず、お手軽に作る事ができます!豚バラ肉のボリューム感と、旬の大根からジュワッとあふれでるジューシー感でどんどんご飯がすすみますよ。
レンジ調理で短時間でも味を染み込ませるポイントは、大根だけを先にチンすること。こうすることで柔らかく味も染み込みやすくなります。その間に豚バラの味付けなどをすることでスムーズに調理ができます。

[レシピ]
2食分
調理時間 10分

[材料]
青ねぎ 1〜2本
大根 1/4本
豚バラうす切り肉 150g
A 砂糖 大さじ1/2
A みりん 大さじ1/2
A 酒 大さじ1
A しょうゆ 大さじ1と1/2
A チューブしょうが 5cm
片栗粉 小さじ1と1/2
ごま油 小さじ1
一味唐辛子(お好み) 適量

[作り方]
1. 青ねぎは小口切りにする。大根は皮をむき、厚さ1cmのいちょう切りにする。豚バラ薄切り肉はひと口大に切る。

2. 1の大根を耐熱容器に入れ、ラップをし、600Wのレンジで2分加熱する。

3. 1の豚バラ薄切り肉を広げて加え、Aを加え再びラップし2分加熱する。

4. 片栗粉を2倍の水で溶いて加え、全体を混ぜ、再びラップをして2分加熱する。

5. 器に盛り、ごま油をかけ、1の青ネギ、一味唐辛子を振る。

[補足]
ごま油は仕上げにかけるのがポイント。
加熱をしないことで、香りがフルに活かせるので、こうばしい香りでますます食欲をそそる一品に仕上げる事ができます。

お子様が召し上がる場合や辛いものが苦手な場合は、仕上げの一味唐辛子はなくてもOKです。
豚バラ肉は大根の上に広げて並べてください。パックに入った状態など、肉が重なったまま入れると、火が通りにくくなる場合があります。
また、旬の大根は水分が多いので、ラップをしてレンジ加熱する際は特に注意してください。熱い水蒸気で火傷することがあります。

チューブしょうがは生のしょうがに置き換えても美味しく作ることができます。
もし、紹興酒がお宅にあれば、料理に使う酒を置き換えると、とてもレンジで作ったとは思えないワンランク上の味を楽しむ事ができます。