Column / 2020 03,06 /Vol.6

今だけのおいしさ!「春キャベツ」使い切りレシピ3選

旬の食材はおいしいだけでなく、安くて栄養満点。積極的に食べたいものですが、「買ったはいいけど使いきれない!」「どうせ余らせちゃうなら買うのやめようかな…」なんて経験がある人もいるのでは。
そこで旬の食材を使って、“瞬間”で作れる3つのレシピをご紹介!おうちの冷蔵庫の「余った」をなくします!

ジョーさん。

料理研究家

世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。
食の企画会社にて3年の勤務を経て独立。 Webで“バズる”企画を得意とし、Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね! を獲得、テレビなど各メディアで注目を集める。
企業様向けレシピ開発、レシピ動画、記事の企画開発、執筆、撮影、編集、フードコーディネートを一貫して行います。

Twitter: https://twitter.com/syokojiro
Instagram:https://www.instagram.com/syokojiro1206/
ブログ: http://tabetano.main.jp/

[材料5つだけで完成!春キャベツと豚バラの重ね蒸し]

メインの材料はシンプルに春キャベツと豚バラ薄切り肉。
風味づけ程度にチューブしょうがを入れたら、あとは水を入れずに酒だけで蒸し焼きにしていきます。

旬の春キャベツからは、弱火でじっくり加熱することでたくさんの水分が出るので、ほぼ無水で作れるのです。

旨みたっぷりの春キャベツと豚バラ肉を、さっぱりとポン酢につけて頂くと、もうお箸が止まりません。

[レシピ]調理時間14分

[材料]2食分
・キャベツ 1/4玉
・豚バラ薄切り肉 200g
・チューブしょうが 5cm
・酒 大さじ4
・ポン酢 適量
・七味唐辛子(お好み) 適量

[作り方]
1. キャベツは一口大に、豚バラ薄切り肉は3〜4cm幅に切る。

2. 鍋に1のキャベツと豚バラ薄切り肉を交互に入れる。

Point!
キャベツの硬い部分も、時間をかけて加熱すると火が通ってある程度柔らかくなります。歯ごたえが感じられる程のやわらかさになるのですが、もし全てが柔らかくなっている方が好きな場合は、芯の部分を薄切りにしてから加えてください。もちろん面倒な方はそのままでもOKです。

3. チューブしょうが、酒を加えたら、ふたをして弱火で10分加熱する。

4. 器に盛り、お好みで七味唐辛子を振ったら、ポン酢につけながら頂く。

*鍋はテフロンなどコーティングされたものをお使いください。

お召し上がりにポン酢につけることで、豚バラ肉の旨みを感じつつも、脂のしつこさを感じずにさっぱりと頂くことができます。それでも豚バラ肉が苦手という方は、サシの少ない肩ロースやもも肉など、別の部位で作ってみてくださいね。

もし余ったらそのまま清潔な保存容器に移し、冷蔵庫で保管してください。塩気が含まれていないのであまり日持ちはしないため、翌日には食べきるようにしてください。