Column / 2020 03,06 /Vol.6

今だけのおいしさ!「春キャベツ」使い切りレシピ3選

旬の食材はおいしいだけでなく、安くて栄養満点。積極的に食べたいものですが、「買ったはいいけど使いきれない!」「どうせ余らせちゃうなら買うのやめようかな…」なんて経験がある人もいるのでは。
そこで旬の食材を使って、“瞬間”で作れる3つのレシピをご紹介!おうちの冷蔵庫の「余った」をなくします!

ジョーさん。

料理研究家

世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。
食の企画会社にて3年の勤務を経て独立。 Webで“バズる”企画を得意とし、Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね! を獲得、テレビなど各メディアで注目を集める。
企業様向けレシピ開発、レシピ動画、記事の企画開発、執筆、撮影、編集、フードコーディネートを一貫して行います。

Twitter: https://twitter.com/syokojiro
Instagram:https://www.instagram.com/syokojiro1206/
ブログ: http://tabetano.main.jp/

[春キャベツは他のキャベツと何が違う?]

一年中出回っていていつでも食べることができるキャベツですが、春キャベツはこれからの季節限定。
種まきを秋に行って、春に収穫されたものが春キャベツです。
他の季節のキャベツは葉と葉がみっしり詰まっていますが、春キャベツは一枚一枚の巻きがゆるく、葉自体もやわらかいです。

[実は胃にやさしい?キャベツに含まれる栄養とは]

キャベツにはビタミンCが含まれるほか、カルシウムのはたらきを助けてくれるビタミンKが多く含まれています。また、キャベツには「ビタミンU」という栄養が含まれており、これはキャベツから発見されたことから別名「キャベジン」とも呼ばれています。胃腸を丈夫にする働きがあるとされています。

[春キャベツを選ぶ時はここをチェック!]

・根元の切り口の断面を見て、みずみずしくて変色がないもの
根元の茎がきれいなものの方が、収穫から時間がたっておらず鮮度が高いと言えます。

・皮の一枚一枚にハリがあること
皮にハリとみずみずしさがあり、葉脈の部分がくっきりと見えるもの。

・内側がきれいな黄緑色をしていること
1/2球など切って売られているキャベツの場合、キャベツの薄い緑色に加えて、内側の方がきれいな黄緑色をしているものが、おいしい春キャベツになります。

[まとめ]

一年中手に入るキャベツですが、春キャベツのやわらかく、甘みが感じられる味わいが楽しめるのはこの季節だけ。
あまり買ったことがないという方はぜひ試してみてください!
どんな料理にしていいかわからない、食べきれるか不安、という方は、ぜひ今回ご紹介したレシピをお試しください!

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

クリスマスはもちろん、いまではハロウィンも日本では定番のイベントとなってきました。最近では、イースター(復活祭)までもが、“新たな文化”として注