Column / 2019 02,22 /Vol.1

天守閣の住み心地 vol.1
天守閣に住んだのは唯一、織田信長だけ? 
幻の「安土城天主」その“住み心地”を考察してみる

日本の城の天守閣が居住空間として使用された例は少なく、唯一日常生活を送っていたといわれるのが織田信長だ。安土城の天主で信長はどんな生活をしていたのだろうか考察すべく、現地を訪れた。

■名だたる学者・研究者が復元に挑むも、未だナゾ多き安土城天主

じつはこれまでにも名だたる有識者が安土城天主の復元に挑んでいる。なかでも有名なのは、工学博士の内藤昌氏が『天主指図』という絵図をもとに起こした「内藤案」だ。「安土城天主 信長の館」には5階・6階部分の原寸復元があるが、これは内藤案を基につくられたもの。写真をネットにアップすることは禁じられているため、気になる方はぜひ現地でご覧いただきたい。それはもう、ものすごい迫力だから。

ただ、この内藤案に異を唱える研究者による復元案も発表されるなど、天主の姿については諸説入り乱れ決着はついていない。未だナゾが多く、それゆえロマンあふれる城といえるかもしれない。

▲天守瓦の復元。城内から出土した金箔瓦に似せて作ったものだそう。
▲また、城内からは大量の土器も出土している。輸入陶磁器などの高級品や茶器や香炉なども見つかり、城内でお茶会を開くなど文化的な暮らしが営まれていたことが推測できるという。(画像提供:滋賀県教育委員会)

■まとめ

改めて、分かったことをまとめると、

●信長は安土城の天守閣に住んでいた(と、推測される)。
●天主の部屋の中は障壁画で飾られ、金具にも装飾が施されるなど、「御殿」のように華やかなものだった。
●安土城にも本丸御殿はあったが、そこは行幸の間であり、普段は使われていなかった。
●天主は五層七階の高層建築で、近江全体、琵琶湖や周囲の山々まで見渡せた。
●通常の天主には不要な、畳敷きの部屋があった。
●細かく間取りが区切られ、1階部分だけで19部屋もあった。

迷うほど部屋がいっぱいあり、壁という壁、襖という襖に美しい絵が描かれ、眺望も最高……。いやはや、すごい住居である。天下人の住まいとして、まったく申し分ない。

まあ、もっと突き詰めれば、住まいには断熱性とか風通しとか陽当たりとか、他にも大事な要素がたくさんある。もしかしたら、高所にある天主の冬は猛烈に寒かったり、逆に夏は太陽の直射日光に照らされ死ぬほど暑かったりしたかもしれない。

しかし、そんなことは関係ないのである。天主に住むという自己顕示欲の最高峰みたいな欲求は何とも信長のイメージに合うし、そうであってほしいとも思う。織田信長はやはり、天主に住むべきなのだ。

 

【取材協力】滋賀県教育委員会、滋賀県立安土城考古博物館、安土山保勝会
【参考文献】『発掘調査20年の記録 安土 信長の城と城下町』(滋賀県教育委員会 編著)、『信長とまぼろしの安土城』(国松俊英 著)