Column / 2019 11,25 /Vol.3

口の中でとろける衝撃のハンバーグ!「肉の匠 将泰庵」の名物「飲めるハンバーグ」を徹底解析

わざわざ電車を降りてでも行きたくなる各地の名店を、SNSで話題のグルメライターがレポート。料理の味だけでなく、お店の成り立ちや作り手の思い、街の雰囲気を含めて紹介いたします。

矢崎智也

山梨県生まれのグルメライター。「世の中に散らばったキラリと光る個性的なお店を紹介する」というコンセプトのもと、公式ブログ「へんてこグルメガイド」で記事を執筆。月間PV数は60万を越えるほど。また、雑誌、ウェブメディアでもグルメ記事を寄稿するなど多岐にわたり活躍中。

公式ブログ http://asobigokoroblog.com
Twitter  https://twitter.com/asobikikaku
Instagram https://www.instagram.com/hen_gourmet/

◇口の中でとろける美味しさ。「飲めるハンバーグ」以外のメニューをご紹介!

ディナーメニュー:A5ランク 王者のユッケ 1,800円(税抜)

「肉の匠 将泰庵」には「飲めるハンバーグ」以外にも、人気メニューが盛りだくさんです。
まずは、黒毛和牛の「もも肉」を使った「A5ランク 王者のユッケ」。
ユッケでは珍しく拍子木切りではなく薄切り。見た目はまるで茹でる前のしゃぶしゃぶみたいです。
こうすることによって、よりお肉の本来の美味しさを際立たせているのだとか!
「肉の匠 将泰庵」は保健所の基準を満たした生肉取扱店なので、安心して食べられるのが嬉しいですね。

とろ~りとした卵黄の食感と、お肉のくちどけ。
風味豊かなごま油と甘辛いコチュジャンが最高のアクセントとなっています。
至高とはまさにこのこと!死ぬ前に食べたい料理を選ぶとすれば、真っ先にこれを手に取りたい。

ディナーメニュー:幻の花咲タン塩(数量限定) 2,900円(税抜)

続いて「幻の花咲タン塩」、流通が非常に少ない国産牛のタンを使っています。
さらに一頭からこのメニューに使えるほど柔らかいタンは数百グラムしか取れません。あまりにも希少なため1テーブル1皿限定品のメニューとなっています。

火を通していくと、香ばしい匂いとともに切れ目が花のように開きます。
分厚く切れ目がいれられているのにもかかわらず、硬さはなく非常に気持ち良い歯ごたえを楽しめます。噛めば噛むほど旨味が溢れてくるので、飲み込むのが惜しくなるほど美味しい。

ディナーメニュー:史上最高のロース 2,500円(税抜)

「史上最高のロース」も外せませんよ!
お店自慢のサーロインを贅沢にも、一口サイズのサイコロステーキにしました。

きめ細かくサシが入っているので、口の中に脂の旨味がジュワリと広がってきます。
お肉の美味しさを存分に味わってほしいために、味付けは塩コショウのみ。お好みでワサビをつけて食べるのもありです。

 

おわりに

船橋という街とともに、新進気鋭の焼肉店「肉の匠 将泰庵」の素晴らしいメニューや美味しさの秘訣を紹介いたしました。
口の中でとろけるほどクリーミーな柔らかさをもつ「飲めるハンバーグ」や黒毛和牛の牝牛のみを使った焼き物など、どのメニューも圧倒的な美味しさ。これは人気が出るのも納得ですね。

■肉の匠 将泰庵 船橋本店
所在地:千葉県船橋市本町3-5-1 石田ビル 1F
TEL:047-423-8929
営業時間:【ランチ】11:00~14:00(L.O.13:30)、【ディナー】17:00~23:00(L.O.22:30)
※11/30(土)までは土日祝のランチ営業を30分延長。12/1(月)以降はランチ営業の延長はございません。
定休日:不定休 ※毎週火曜日ランチ定休
https://shoutaian-honten.com/

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

■2つの商業施設が駅直結。駅ビル内にはミニ市役所も

船橋駅には、駅直通の商業施設が2つあります。
改札を出て左側にあるのが、婦人・紳士服売場