Interview / 2019 08,02 /2

別れが紡いでくれる、新たな出会い。

進学を機に家を離れる息子、彼を案じながら寂しい気持ちを抱える母親。その様子を優しく見守りながら、家族の新しいカタチを提案する父親。三井のリハウスのCMでそんな父親役を演じた中野さんには、どんな『リライフ』の瞬間があったのか。俳優という職業との出会いから、趣味やライフワークといったパーソナルな面まで、たっぷりとお話をうかがいました。

俳優・中野英樹さん

1968年2月15日生まれ。神奈川県出身。大阪芸術大学ミュージカル専攻卒業。最近では、映画『万引き家族』『SUNNY-強い気持ち・強い愛-』(ともに2018年公開)の他ドラマ、CMなど多数出演。去る7月には舞台『芙蓉咲く路地のサーガ』〜熊野にありし男の物語〜が、新宿花園神社境内特設ステージで上演された。

■別れが素晴らしい出会いを用意してくれる。

――中野さんの人生のターニングポイントというと、どんなことがあげられますか?
人との巡り合わせもいいのかもしれないと思います。大阪の劇団を辞めて東京に出てきたときに、今も一緒に仕事をする演出家さんと出会ったんです。彼と一緒に参加していた劇団の評判がよく、映画やTVの関係者が観に来るようになり、少しずつ俳優としての仕事が増えました。ただ残念にもその劇団が解散。正直、俳優は辞めようかと思ったんです。でも最後にひとつだけ芸能事務所に連絡してみようと。すると所属が決まった。その後、その事務所が解散。そして、また縁あって今の事務所に。

こんな風にそれぞれの別れが、不思議と新たな出会いを連れてきてくれるんです。どれも意図しての別れではなく、悲しいとか寂しいとかはもちろん感じるけれど、そのあとに素晴らしい出会いを用意してくれるんですよね。

――別れが出会いを用意してくれる。今回出演された三井のリハウスのCMにも通じるものを感じます。
そうですね。CMというとても短い物語、その中にいろんな感情や思いが詰まっていて、丁寧につくられたとてもいいストーリーだと思いましたね。

――ご自身の体験に通じる部分もありますか?
僕も大阪の劇団、東京の劇団、前の事務所、どれも嫌で別れたわけではないんです。CMの中の息子も、嫌で家を出るわけではないはず。でもその別れがあの夫婦の新しい人生に繋がる転機ですから。まさに『リライフ』の瞬間ですよね。