Interview / 2019 08,02 /2

別れが紡いでくれる、新たな出会い。

進学を機に家を離れる息子、彼を案じながら寂しい気持ちを抱える母親。その様子を優しく見守りながら、家族の新しいカタチを提案する父親。三井のリハウスのCMでそんな父親役を演じた中野さんには、どんな『リライフ』の瞬間があったのか。俳優という職業との出会いから、趣味やライフワークといったパーソナルな面まで、たっぷりとお話をうかがいました。

俳優・中野英樹さん

1968年2月15日生まれ。神奈川県出身。大阪芸術大学ミュージカル専攻卒業。最近では、映画『万引き家族』『SUNNY-強い気持ち・強い愛-』(ともに2018年公開)の他ドラマ、CMなど多数出演。去る7月には舞台『芙蓉咲く路地のサーガ』〜熊野にありし男の物語〜が、新宿花園神社境内特設ステージで上演された。

■新たな取り組みで、新しい自分に。

――休日はどう過ごされていますか?
DVD映画を観て過ごすことが多いですよ。基本は家派なので。

――俳優目線で作品を見てしまうこともありますか?
いやいや、純粋に作品を楽しむ感覚です。確かに若いときは芝居の研究として観ていたときもありましたよ。そういうことを誰も見ていない中でやってる自分に酔ったりもして(笑)。

ただ樹木希林さん主演の映画「あん」。これは研究モードになってしまいましたね。「あん」を観た数日後にど迫力アクション作品を映画館で観たんですけど、爆音の中で希林さんの芝居はなぜすごいのかばかり考えてしまって。アクション映画の内容を全く覚えていないんです(笑)。

――他にプライベートな時間の過ごし方は?
ここ数年はライブハウスによく行くようになりましたね。

――どんなジャンルがお好きなんですか?
実はその質問が前は一番苦手だったんですよ(笑)。若いころ、あまり音楽を聞かずに過ごしていたので。

今はインディーズのブルース、特に『モアリズム』というバンドが好きですね。彼らのパフォーマンスがすごくよくて。演劇は俳優同士のやりとりで観る側に物語や感情を伝える。でも彼らのライブは、ひとりひとりのパフォーマンスが直接見る側に物語や感情を伝えるんです。そこにぐっと来ますね。

――舞台こそ違えど、同じパフォーマーとして触発されることはありますか?
影響ってわけではないですが…最近ライブハウスで知り合った方々と一緒に、ライブパフォーマンスもやっているんです。アコーディオニストが演奏する曲に乗せて、僕ひとりである映画を落語風に見せる、という内容で。

演劇や映画の世界は多くの人が関わるから、作品の出来を他人のせいにもできてしまう。でもこのひとりで演じる手法をやってみて新鮮に感じたのが、誰のせいにもできないけど、その分やってみようと思ったことを全部できるということなんです。「こんなことしてみてもいいかな…よしやってみよう」という具合に。もちろん責任が生まれますけど、ストレスもなくて。なんだか夢中になっていますね。

まるでひとり飲みのような感覚で面白いんですよね。「もう1杯のんじゃおっかなぁ」みたいな(笑)。新しい自分を見つけられそうな気がしています。

ライブハウスで行っているライブパフォーマンスの様子

――それはまた新たに『リライフ』の瞬間になりそうですね。
昔から、一度出来上がってしまった俳優としての今の自分を壊したいという思いがずっとあったんですよ。なので、これがいいきっかけになるかもしれませんね。自分でいうのもなんですが、評判もいいので(笑)。

――最後に、中野さんにとって心地いい暮らしとは、どんなものですか?
やっぱり自然豊かなところで暮らすのが一番だと思います。生まれは横浜の住宅街ですが、祖父の家が能登半島にありまして。目の前に川が流れ、緑も豊富で。そんな中でのんびり暮らすのもいいなぁと、最近は思っています。

――その憧れが叶ったとしても、俳優は続けられますか?
そうですね。生活のベースは田舎、俳優のベースは東京で通い。いつかしてみたい『リライフ』ですね。

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

「シモキタって『はじまるのが遅い街』なんですよ。昼の12時くらいまでお店が全然空いていなくて、ゆったりしているというか、マイペースというか。この