Lifestyle / 2019 11,15 /Vol.2

【私が長距離通勤をする理由 Vol.2】
 〜自分にとってストレスがなく、グッドバランスが保てる小諸での暮らし~

昨今は職場の近くに住む「職住近接」のライフスタイルが注目されているが、一方で、何らかの理由で長距離通勤を選んだ人もいる。高速バスや特急電車、なかには新幹線を使い、都内へ2時間近くかけて通勤する長距離通勤者たち。なぜ、そうまでしてそこに住んでいるのだろうか?単純にその街が好きということもあるだろうし、あるいは何かやむにやまれぬ事情、知られざるドラマがあるのかもしれない。

連載第1回では、神奈川県逗子市の風景に魅了され、家を購入した女性を紹介。今回は、長野県の東部に位置する小諸市で暮らし、東京都内に勤務する小山剛さんに、約2時間の長距離通勤と引き換えに手に入れた暮らしについてお話を伺った。

小野洋平(やじろべえ)

1991年、埼玉県生まれ。東京の編集プロダクション「やじろべえ」所属。今までの実家引っ越し回数は4回です。
【やじろべえ株式会社】https://www.yajirobe.me/
【小野洋平/Twitter】https://twitter.com/onoberkon

■四季を肌で感じられる小諸の自然

長距離通勤と聞くと負担が大きく、どこか無理をしているのではないかという気がしてしまう。しかし、小山さんは今の生活スタイルこそ「一番ストレスのかからない暮らし方」だという。そこで、小諸市で暮らす魅力について聞いた。

――都内での暮らしとは何が違いますか?

「一番の違いは、季節をより感じられるところです。たとえば、秋から冬にかけてのこの時期。東京だと、ちょっと寒くなってきたな、くらいで景色にさほど変化はないじゃないですか?でも、小諸だったら『紅葉も色づいてきたな』とか『向こうの山は雪が降ったんだな』って、季節の移ろいを日々の出勤から感じることができるんです」

――日常のなかで四季を感じられるのはいいですね。

「あとは食べ物。大きな直売所に行くと、旬の野菜や果物が豊富に揃っているんです。知り合いの農家さんからは『リンゴが実ったから取りにおいで』とか、一玉5000円もするメロンを『形が悪いから持って行きな』と譲っていただけたりもします。当たり前ですけど、食べ物の旬が味わえるって幸せなことですよ」

――小諸の豊かな四季のなかで、小山さんが特に好きな季節はいつですか?

「私は真冬が好きです。マイナス14度、15度くらいになる2月ですね。雪は少ないものの、キーンっとした寒さがたまらないんですよ。空気が澄み、霜が降りた冬の景色は最高です。また、なんといっても冬はスキーですよ。休日に雪が降ったら、朝一番でゲレンデに行き、ふかふかの新雪で滑っています」

――長野はスキー場も多いですもんね。

「菅平高原、湯の丸高原。少し足を延ばせば、白馬、野沢温泉がありますね。正直、長野の雪質が想像以上に良かったのには驚きました(笑)。すぐにゲレンデに行けるのも、長野に移住したからこその特権ですね。これからの季節、雪山に行けるのが待ち遠しいです」

――こちらにあるのは、薪ストーブでしょうか?

「はい。一台で家全体が暖かくなりますから、冬の薪ストーブは必須アイテムです。薪は地域の方に譲っていただき、薪割りはお義父さんと私が担当しています。毎日、この薪ストーブの前で子どもと一緒に遊ぶことも欠かせない日課となっています」

――薪ストーブが身も心も温めてくれると。聞けば聞くほど、素敵な暮らしだなあ・・・。

「そうですね。四季でいえば、近所の懐古園に行くと、春には桜が咲き誇り、秋には木々が色づく紅葉を楽しむこともできます。夏も東京と違ってジメジメしていないし、外で七輪バーベキューも楽しめます。四季が感じられると、1年があっという間ですよ」