Lifestyle / 2019 11,15 /Vol.2

【私が長距離通勤をする理由 Vol.2】
 〜自分にとってストレスがなく、グッドバランスが保てる小諸での暮らし~

昨今は職場の近くに住む「職住近接」のライフスタイルが注目されているが、一方で、何らかの理由で長距離通勤を選んだ人もいる。高速バスや特急電車、なかには新幹線を使い、都内へ2時間近くかけて通勤する長距離通勤者たち。なぜ、そうまでしてそこに住んでいるのだろうか?単純にその街が好きということもあるだろうし、あるいは何かやむにやまれぬ事情、知られざるドラマがあるのかもしれない。

連載第1回では、神奈川県逗子市の風景に魅了され、家を購入した女性を紹介。今回は、長野県の東部に位置する小諸市で暮らし、東京都内に勤務する小山剛さんに、約2時間の長距離通勤と引き換えに手に入れた暮らしについてお話を伺った。

小野洋平(やじろべえ)

1991年、埼玉県生まれ。東京の編集プロダクション「やじろべえ」所属。今までの実家引っ越し回数は4回です。
【やじろべえ株式会社】https://www.yajirobe.me/
【小野洋平/Twitter】https://twitter.com/onoberkon

■移住で趣味の幅も広がった

スキー以外にも様々な趣味を持つ小山さん。小諸市に移住する以前から、週末ごとに八ヶ岳や奥多摩などでアウトドアを楽しんでいたという。さらに「遊び」を企画することも趣味の1つだったそうだ。

――移住する前からアウトドアが趣味だったそうですが、どんなことをしていたんですか?

「昔から山や森が好きだったので、移住前から登山やチェーンソーを使った伐採にハマっていました。あとは、何かワクワクする遊びを企画することも趣味の1つでしたね。例えば、年間を通じて合宿する『田んぼツアー』。親戚が米農家に嫁いだのがきっかけだったんですけど、田植えや稲刈りなどをイベントとして企画しました。あとは、『樹海を歩く企画』や『海や山でサーフィンやトレッキングをして過ごす会』など、同じ趣味の人を集めて遊んでいました」

――どれも面白そうです。小諸市に来てからは何か企画されましたか?

「草木染めのワークショップを行いました。正直、移住する前はもっと街が過疎化していると思っていました。しかし、出会う同世代には面白い人がたくさん残っており、それぞれ本業がありつつも、みんなで地域を盛り上げようとする活動的な方が多かったんですよ、さらに言うと、市内の『安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター』では、ロングトレイルのシンポジウムが開催されていたり、毎秋には様々なアーティストによって自然とアートが共鳴する『小諸ツリーハウスプロジェクト』が開催されるなど、アウトドア活動の発信も盛んな土地だったことに驚きました」

――小諸市も地域住民の方もアクティブだったわけですね。小山さんの趣味の幅も、さらに広がったのではないでしょうか?

「そうですね。出かける時には、欠かさずカメラを手にするようになりました。移住してからは、話題の場所を開拓したいという思いが強く、家族でいろんなところに出かけるようになりましたね」

――移住から6年経ちますが、まだまだ行きたい場所は尽きないですか?

「知っているけれど、行ったことがないお店は山ほどあります。小諸市内だけでも、地域の野菜を使ったローカルなレストランや地元の人から観光客までが集う古民家カフェなど、面白いお店が点在しているんですよ。あとは、元々東京で修業されていた方がこっちでお店を始めるケースも増えています。やはり、地方で話題になる場所って、それなりの理由があると思うんです。だから、足を運ぶことで私自身の勉強になり、刺激にもなるんです」

――当面は、お店の発掘が趣味になるかもしれませんね。

「少し車を走らせれば、草津の温泉や新潟・富山の寿司を楽しむこともできますから。よりアクティブになったと思います。都内にいる時は、どうしても行き帰りの渋滞が気になってしまい、腰が重かったですからね。余暇の過ごし方が変わるのも、移住ならではのメリットだと思います」