Lifestyle / 2019 07,01 /Vol.1

「愛でる」から始める、はじめてのグリーンリハウス

私にもできる?グリーンのある暮らし「グリーンリハウス」

前田有紀さん

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「やべっちFC」など、人気番組を担当しながら、2013年に退職し、イギリスへ留学。フラワースクールと語学学校に通った後、インターンを経て日本へ帰国。自由が丘の生花店「ブリキのジョーロ」で約3年働く。現在はフラワーアーティストとして、花を使ったイベントの空間装飾や、店舗を持たない花屋「gui」をプロデュース。雑誌での連載など、多岐に渡って活躍中。

スタッフ 糸井さん

「北欧、暮らしの道具店」スタッフ。
一人暮らし歴は6年で、植物を育てた経験はほぼなし。断捨離が大好きで、心から気に入ったものしか部屋には置きたくない主義。家で過ごす時間が好きで、友人を招くことも多い。

「すてきなインテリア」をつくる要素のひとつとして、センスのいいグリーン(植物)がある家を思い浮かべる人も多いはず。でも、いざ「グリーンのある暮らしを始めたい」と思っても、部屋との相性や世話のことを考えると、どうしてもハードルを感じてしまいがちです。

そこで、グリーン初心者である「北欧、暮らしの道具店」のスタッフが、三井のリハウスおすすめの、グリーンを取り入れて暮らし替えをする「グリーンリハウス」を試してみることに。
グリーンにまつわるつまずきや悩みを、フラワーアーティストの前田有紀さんに相談しながら全3話で、それぞれの性格や暮らしに合った解決法を考えてもらいました。

1 「育てやすさ」より「愛おしさ」を優先してみる

グリーンを育てた経験がほぼゼロの糸井さん。前田さんが最初に尋ねたのは、「どんなグリーンが好き?」ということでした。

「トゲトゲか、丸みのあるものならどっち?」「色の好みは?」などなど、スマートフォンで画像を見ながら好みを絞り込んでいきます。「オブジェのように楽しめるグリーン」という希望も聞き込み、糸井さんの希望を叶えるはじめてのグリーンを選んでもらいました。

前田さん:
「お話を聞いて、糸井さんくらいの年齢のとき、私もインスピレーションをくれるようなグリーンが好きだったことを思い出して、それぞれ個性の違うものを選びました。
はじめてというと、まずは“育てやすさ”を一番に考えますが、見た目がすごく好みで愛着が持てることを優先した方がいいと思います。素直にかわいいと思えれば、結果的にマメにお世話ができるはずです」

並べて眺めてご満悦の糸井さん。左から、ジュエルオーキッド、サンスベリア、ピングイキュラ

糸井さん:
「どのグリーンのかたちも好みだし、とってもかわいいです!サイズ感や入れ物も含めてオブジェっぽい要素があって、こういうグリーンが欲しかったと思いました」

グリーン初心者はとくに、自分好みのグリーンを探し当てるのが難しいもの。まずは花屋さんなどに相談して、自分の好みを知ることが、出会いの近道になるかもしれません。