Lifestyle / 2019 07,01 /Vol.1

「愛でる」から始める、はじめてのグリーンリハウス

私にもできる?グリーンのある暮らし「グリーンリハウス」

前田有紀さん

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「やべっちFC」など、人気番組を担当しながら、2013年に退職し、イギリスへ留学。フラワースクールと語学学校に通った後、インターンを経て日本へ帰国。自由が丘の生花店「ブリキのジョーロ」で約3年働く。現在はフラワーアーティストとして、花を使ったイベントの空間装飾や、店舗を持たない花屋「gui」をプロデュース。雑誌での連載など、多岐に渡って活躍中。

スタッフ 糸井さん

「北欧、暮らしの道具店」スタッフ。
一人暮らし歴は6年で、植物を育てた経験はほぼなし。断捨離が大好きで、心から気に入ったものしか部屋には置きたくない主義。家で過ごす時間が好きで、友人を招くことも多い。

3 寂しげな壁や窓のインテリアに、吊るすグリーンという選択肢

糸井さんのグリーン事始め。最後のアイテムとして前田さんが用意してくれたのは、土がいらず、どこにでも飾れるエアプランツです。

そのまま棚などに置いてもよし。軽くて吊り下げるのにも最適なので、グリーンは取り入れたいけど、床に物を置けない、置きたくないときの選択肢としてもおすすめだといいます。

前田さんがセレクトしたエアプランツはキセログラフィカ。
大きく育つと花が咲くこともあるそう。

糸井さん:
「エアプランツに憧れはあったけれど、こんなに大きなものもあるとは知りませんでした。どうやってお世話したらいいですか?」

前田さん:
「週に1、2度霧吹きで水をかけてあげて、月に1度はお水にじゃぶんと入れて一晩そのままにしてあげてください。これをソーキングというのですが、葉っぱの先までみずみずしくなりますよ。
夏場はみずやりの頻度を増やして、蒸らさないように吊るしてあげてください」

糸井さん:
「窓辺が殺風景なことはずっと気になっていたんですが、何を飾ればいいか思いつかなくて、インテリアも悩んでいたんです。グリーンを飾るという手があったんですね」

エアプランツがあることで、外の樹木までグリーンの景色がつながって、窓からの景色もさらに魅力的になりました。

糸井さんお気に入りの家時間は、ベッドに腰掛けて窓の外の緑を眺めること。「ぼーっと外を見る時間が増えちゃいそうです(糸井さん)」。