Lifestyle / 2019 07,16 /Vol.2

初心者でも簡単、お気に入りのスペースから始めるグリーンリハウス

グリーンはあるけれど、ただ置くだけになっていない?

前田有紀さん

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「やべっちFC」など、人気番組を担当しながら、2013年に退職し、イギリスへ留学。フラワースクールと語学学校に通った後、インターンを経て日本へ帰国。自由が丘の生花店「ブリキのジョーロ」で約3年働く。現在はフラワーアーティストとして、花を使ったイベントの空間装飾や、店舗を持たない花屋「gui」をプロデュース。雑誌での連載など、多岐に渡って活躍中。

スタッフ 小林さん

「北欧、暮らしの道具店」スタッフ。
夫婦2人暮らし歴3年。夫婦それぞれ1人暮らしの家から持ち寄ったグリーンを育てている。平日の水やりはマメな夫の仕事。グリーンの多い家に憧れがあるが何を増やすべきか迷子中。

2 窓辺の景色をさわやかに。変化を楽しむグリーンのドライフラワー

左から、グレビレア、リューカデンドロン、バーゼリア、ナズナ、オリーブ。

ふたつめの悩みは、窓際の景色。目の前の生垣が目隠しになるのでカーテンを使わない小林家ですが、中からの景色はお気に入りにしたいもの。

小林さん:
「ドライフラワーを飾っていて、窓辺がなんだかさみしいのが気になっているんです」

前田さん:
「グリーンのドライなら、これからの季節にも爽やかな窓辺が楽しめるのでおすすめですよ」

前田さんが用意してくれたのは、それぞれ葉の形が違う5種類のグリーン。ロウ引きの麻ひもで茎の部分をしばっていきます。

小林さん:
「グリーンをドライにする発想がなかったけれど、どれも特徴的な葉っぱだから見た目も楽しくていいですね。それに、この作業なんだか楽しいです!」

ドライにするには、葉が硬めで水分が少ないものを選ぶのが良いそう。おなじみのものでいえば、ユーカリの葉のようなものが向いていますよ。

花屋で好みの1本を選ぶところからはじめられる、初心者にもおすすめなグリーンの取り入れ方。窓際で少しずつドライになっていく変化を楽しめます。

更新するタイミングを逃してくたびれ気味のドライは、窓辺から下ろして、生けてみます。そうするとちょっと違う気分で楽しめるように。

小林さんが結婚式のときに使いドライフラワーにしてとっておいた花冠も、ガラスの容器に入れ直せばすてきなインテリアになりました。