Lifestyle / 2019 07,16 /Vol.2

初心者でも簡単、お気に入りのスペースから始めるグリーンリハウス

グリーンはあるけれど、ただ置くだけになっていない?

前田有紀さん

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「やべっちFC」など、人気番組を担当しながら、2013年に退職し、イギリスへ留学。フラワースクールと語学学校に通った後、インターンを経て日本へ帰国。自由が丘の生花店「ブリキのジョーロ」で約3年働く。現在はフラワーアーティストとして、花を使ったイベントの空間装飾や、店舗を持たない花屋「gui」をプロデュース。雑誌での連載など、多岐に渡って活躍中。

スタッフ 小林さん

「北欧、暮らしの道具店」スタッフ。
夫婦2人暮らし歴3年。夫婦それぞれ1人暮らしの家から持ち寄ったグリーンを育てている。平日の水やりはマメな夫の仕事。グリーンの多い家に憧れがあるが何を増やすべきか迷子中。

3 「ただいま」の家の景色を、気持ちよく

ディベルシフォリウムは、常緑のシダ類。耐陰性がいいので、あまり日の当たらない場所にも最適です。

「暮らしにもっとグリーンを取り入れたい」と願う小林さんに前田さんが提案したのが、玄関を開けると迎えてくれる「ウェルカムグリーン」。

これまでの玄関からの眺め。日当たりもよくなく、吊るす発想もなかったので手付かずの場所でした。

前田さん:
「我が家でも、玄関を開けた目線の先にグリーンがあるんですよ。家に帰ってきてグリーンと目が合うとほっとするし、一緒に暮らしていることを実感しやすいので、はじめてグリーンを取り入れるときにも、すごくおすすめの場所です」

キッチン側からの眺め。

小林さん:
「あまり日当たりがよくないからこの部分は手をつけられないと思っていました。
キッチンにいる時間が長いので、そこから見える景色が変わるのもすごく嬉しい。それにこのグリーン、なんだか夫が好きそうな気がします」

今回、前田さんが選んでくれたグリーンは、小林さん夫妻それぞれの好みも聞いて選んだもの。すべての作業を終え、小林さんは夫の帰りが待ち遠しそうでした。