Lifestyle / 2019 07,16 /Vol.2

初心者でも簡単、お気に入りのスペースから始めるグリーンリハウス

グリーンはあるけれど、ただ置くだけになっていない?

前田有紀さん

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「やべっちFC」など、人気番組を担当しながら、2013年に退職し、イギリスへ留学。フラワースクールと語学学校に通った後、インターンを経て日本へ帰国。自由が丘の生花店「ブリキのジョーロ」で約3年働く。現在はフラワーアーティストとして、花を使ったイベントの空間装飾や、店舗を持たない花屋「gui」をプロデュース。雑誌での連載など、多岐に渡って活躍中。

スタッフ 小林さん

「北欧、暮らしの道具店」スタッフ。
夫婦2人暮らし歴3年。夫婦それぞれ1人暮らしの家から持ち寄ったグリーンを育てている。平日の水やりはマメな夫の仕事。グリーンの多い家に憧れがあるが何を増やすべきか迷子中。

グリーンリハウスで、部屋の空気が明るくなって

1人暮らしから夫婦で暮らすようになって、ちょっぴり空間を持て余したまま数年が経過していた小林さん。

憧れのグリーンの存在感がある家にするには、大量にグリーンを加えなくてはと思い、これまで手付かずだったそうですが……。取材日から1週間後、あらためて感想を聞いてみました。

小林さん:
「最小限でも、ポイントを押さえると空気まで変わるんですね。これまでよりリラックスできる空間になって驚いています。夫も人を呼びたくてうずうずしているみたいなんです(笑)。
夫とは仕事の都合で平日は生活時間帯もばらばら。正直、コミュニケーションがおざなりになってしまうこともあったんです。グリーンが増えてお世話を一緒にするようになりました。お気に入りのエバーフレッシュについて、なにかと話題ができることも嬉しいです」

夫婦2人、それぞれの家から持ち寄ったグリーンに加えて、「夫婦のグリーン」たちが、仲間入りしました。

「これからどうぞよろしく」。

新入りのグリーンだけでなく、パートナーと家にもあらためてそんな想いを伝えたくなる変化。初めてのグリーンリハウスは2人暮らしの家に欠けていたピースが見つかった、そんな体験だったようです。

▼よろしければ、今回の連載に関するアンケートにご協力ください
https://forms.gle/T4zyddScGAd2dpd77

▼実践者の「グリーンリハウス」を「北欧、暮らしの道具店」にて紹介中!

▼前田有紀さんのグリーンライフは、どんな暮らし?

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

ドッグトレーナー河内亜由美さんのペットリハウス
最近では、ペットのために家を住み替えたり、リノベーションしたりする「ペットリハウス」という言葉が