Lifestyle / 2019 07,25 /Part.9

【グリーンリハウス】みんなの家のグリーンライフ Vol.3

相場正一郎

イタリアンレストラン「LIFE」オーナーシェフ。
イタリア・トスカーナ地方での料理修行を経て、2003年に東京・代々木八幡に「LIFE」をオープン。「LIFE son」「LIFE Sea」など現在、全国に4店舗を展開。
http://www.s-life.jp/

イタリアンレストラン「LIFE」オーナー相場さんのグリーンリハウス

“気持ちのよい家”を求めてグリーンリハウス。イタリアンレストラン「LIFE」オーナー相場正一郎さんのご自宅を訪ねました。

グリーンリハウスのポイントは、
風や気がよく通る、“気持ちのよい家”。

相場さんが物件選びで大切にしているのは、“風や気が通る、気持ちのよい空間であること”。
10年前にリハウスしたご自宅を訪ねると、ベランダで楽しそうに揺れるグリーンたちが元気に出迎えてくれました。
今回は、イタリアンレストラン「LIFE」のオーナーシェフ、相場正一郎さんのグリーンライフをご紹介します。

■グリーンリハウスのポイントとなったのは何ですか?

風や気がよく通ること、そしてそこが気持ちのよい空間であることが家を選ぶときの条件だと話す相場さんですが、今の家を選んだのは、それに加えベランダからの景色がポイントになったと言います。

窓の外を眺めると、ベランダですくすくと育つグリーンたちの向こうには、マンション敷地内の豊かなグリーンの茂みがあり、一面、グリーンの風景が広がります。
「ベランダはボクのお気に入りのスペース。1人掛けのチェアを置いて、そこで寛ぐのが好きなんです」

以前の家では、ベランダの目の前に別のマンションが建っていて、どうしても人目が気になったそうです。
「前の家も同じ地域にあるのですが、ちょっと場所を変えるだけで、こんなにも環境が変わるものなんですね」

日々移ろう、ベランダからの風景も楽しみの一つ。
春にグリーンが芽吹けば元気をもらい、冬になって葉が少なくなれば、妻・千恵さんが家の中の花瓶を増やしてくれるそう。

都会の中にいながら自然とともに暮らす、そんなグリーンライフがそこにはありました。

■相場さんにとって、グリーンはどんな存在ですか?

グリーンが気持ちよさそうに揺れているのを見るのが好きだという相場さんが、グリーンの魅力に気付いたのは、レストランのオープンがきっかけ。

「グリーンがあると家もお店も元気になって、気持ちのよい空間になります。グリーンがあるのとないのでは全然違いますね。今やグリーンがないと落ち着かないくらいです」

たくさんのグリーンたちを育てている相場さんですが、「早く大きくなれ」と思ったことはないと言います。
「グリーンは自然に大きくなっていくものですからね」

そんな言葉からも、肩の力を抜いてグリーンたち向き合う、懐深くナチュラルなスタンスが垣間見えます。

眺めること、育てることを楽しみながら、グリーンとともに気持ちよく暮らす相場さんのグリーンライフ。みなさんのグリーンリハウスの参考にしてみてはいかがですか。


合わせて読もう!

前田有紀さんのグリーンライフは、どんな暮らし?
「北欧、暮らしの道具店」スタッフに、前田有紀さんがアドバイス