Lifestyle / 2020 05,08 /Vol.1

【Happy Outdoor Rehouse】つるの剛士のアウトドアリハウス術 Vol.1
~自然の食卓・父飯(ちちめし)~

暮らしも考え方もアウトドアテースト満載のつるの剛士さん。その背景には子供の頃に育った自然環境と、趣味のアウトドア・アクティビティーがある。バイク、釣り、サーフィン、キャンプと多彩な趣味に彩られた彼のライフスタイルは、結婚し家族が増えるたびに年々変化し洗練されてきた。そんなつるのさんが、生活環境の変化の節目に行ってきたのが、アウトドア要素を取り入れた家の住み替えや暮らし替えをする「アウトドアリハウス」だ。その都会的で洗練されたつるの流のアーバン・アウトドアリハウス術を拝見。

連載第1回目は、自然の恵みで食卓を彩る方法。趣味の農園での野菜栽培や、キャンプで学んだ料理を、つるの流“つぶやき”と共に紹介します。

つるの剛士さん

1975年、福岡県生まれ。俳優、タレント、ミュージシャン。『ウルトラマンダイナ』で俳優としてデビュー。音楽でも才能を発揮し人気に。理想のお父さん像としてベストファーザー賞などを数多く受賞。現在、二男三女の父親。CDに『ちゅるのうた』(ポニーキャニオン)など。歌手デビュー10周年『つるの剛士 ベスト』発売中。

オフィシャルブログ:https://lineblog.me/tsurunotakeshi/

人生2回の育休経験を持つタレントのつるの剛士さんは、育メン中はエプロンが私服になるほど台所仕事が日常化。毎朝5時半に起きて4人の子供達のお弁当作りをするなど、主夫業に徹していた。それゆえキッチンへのこだわりと、料理の腕前は相当なもの。

育休中に作った子供達のお弁当。

「●弁当作りで朝はお腹いっぱい。
●ママみたいに上手くないけど愛情は同じ。
●4人とも玉子焼きの嗜好が違うのが困る。
●キッチン用品や食器の引き出しはパズル。
●人の料理が食べたくなる。
●SNSに何かと投稿したくなる。
●誰も褒めてくれないから評価が欲しい。
●弁当包みをアイロンがけするかしないか迷う。
●作るの2時間食べるの一瞬。
●できれば味の感想をいただきたく存じます。
●おかわりされる嬉しさ。
●主婦の皆さん本当にお疲れ様!」
(つるの剛士さん・ツイッターより)


父飯は、野菜作りからスタート

休日は、子供達と一緒に趣味の菜園「つる農園」で無農薬野菜作りを楽しんできたつるのさん。収穫した野菜は父飯作りの材料に。

「僕が野菜作りを始めたのは、仕事に疲れたパパの思いつき。忙しいお父さんが週末だけ作れる野菜はないものかと、『週末パパ野菜計画』を立てた」

「子供達と一緒に、きゅうり、トマト、豆類、根菜類と、とにかく土壌の性格を知るために一通り挑戦した。無農薬自然栽培に挑戦したら、野菜が虫のマンションみたいになるわ、天気に泣かされるわで、そりゃあもう大変。種を植えた日に雨が降ると、種が全部流れちゃう。病気にならないように気を配り、台風になれば心配で畑に行って、雨が降らなければこれまた心配で畑へ…」

「野菜って極端に温室育ちにすると、ストレスがないから見た目はいいけど旨味がない。ダメージを受けて育った野菜は見栄えが悪いが味がいい。手をかけ過ぎず、手をかける。まさに僕にとって野菜作りは、子育てと同じ」


父飯修行の場は庭のBBQ

休日は、普段料理と無縁のパパが、一喜一憂しながら味を追求する日。つるの家の庭のBBQスペースは、父と子の大事なコミュニケーションエリアに。

子供達が小さかった頃の、庭のアウトドアキッチン。

「つる農園で収穫した野菜を従えて、庭の焚き火スペースでBBQ。子供達と作った料理はめちゃくちゃ旨くてみんなで大はしゃぎ。野菜作りや料理は子供とのいいコミュニケーションツール。食べ物の大切さも知ることができて、食育にも役立ちます」

我が家のこだわりの焚き火スペースで、ダッチオーブン料理。

「僕の焚き火初体験は散々だった。キャンプで小枝を集めて火をつけて、格闘すること2時間!子供達の『お腹すいた~』で、パパのメンツは丸つぶれ。そこで毎晩、庭の焚き火スペースで猛特訓。おかげで薪の扱いにも慣れて、子供達からも『パパ、すごい!』(ガッツポーズ!)。何より、青空の下で家族と一緒に作る料理は格別です」


父飯レシピ

「キャンプで学んだ父飯5か条。一、材料は食べきれる量を用意すべし。二、下ごしらえをしっかりとやる。三、出汁、薬味の種類は多めに。四、炒めるも煮るも、具の順番を考える。五、みんなでワイワイ食べるべし!」

  • つる農園パクチーとエリンギと豚肉のエスニックスープ

    〈材料〉(2〜3人分)
    パクチー 適量(好みの量)
    エノキダケ 1/2袋
    豚肉 50g~(好みの量)
    ニンジン 100g
    タマネギ 1/2個
    ショウガ 1かけ
    ニンニク 1かけ
    〈A〉
    顆粒コンソメ 小さじ2
    水 700ml
    レモン汁
    塩胡椒 適量

  • 〈作り方〉
    ❶エノキダケは半分の長さに。ニンジンは一口大。タマネギとショウガ、ニンニクは薄切り。
    ❷①と水を鍋に入れ弱火で約10分ほど煮込む。
    ❸②に一口大に切った豚肉とAを加える。

    ❹パクチーを長さ5cmぐらいのざく切りにし、③に加えて一煮立ちさせ、皿に盛れば出来上がり。

  • スタッフド・つるチキン

    〈材料〉(4〜5人分)
    鶏肉 1羽
    ネギ 1本
    ショウガ 1かけ
    ニンジン 2本
    ジャガイモ 4個
    レモン 1個
    ニンニク 1個
    トマト缶 1缶
    塩胡椒 適量

  • 〈作り方〉
    ❶チキンにレモンをまんべんなくかけてすり込み、塩胡椒をする。
    ❷チキンのお腹の中にも塩胡椒をたっぷりとかけてすり込む。
    ❸チキンのお尻からネギ、ショウガ、ニンニクを入れて、お腹に詰め込む。
    ❹ダッチオーブン中央に③のチキンを入れて、ニンジン、ジャガイモを周りに並べる。
    ❺缶詰のトマトを④の中に入れれば下ごしらえが終了。好みでローズマリーやローリエ、バジルなどのハーブを入れても美味しい。

    ❻⑤のダッチオーブンを焚き火の火にかける。蓋の上にも炭を置いて約40分待てば出来上がり!


▼BE-PAL×三井のリハウス Instagramキャンペーン開催中!豪華アウトドアグッズも当たる!

#アウトドアリハウスをつけてアウトドア的生活の写真を投稿しよう!

▼暮らしも考え方もアウトドアテースト満載のつるの剛士さんが実現してきたアウトドアな暮らしとは?

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

アウトドアの楽しさを取り入れて家の住み替えや暮らし替えをする「アウトドアリハウス」。その第一歩としてできる暮らしの工夫の一つにDIYがある。かつ