Lifestyle / 2016 11,28 /Vol.3

あふれる愛が止まらない。
キャットウォークが張り巡らされた、愛猫家の「やり過ぎハウス!」

部屋にあふれる猫グッズの数々

Chapter.04

story_img8

story_img9

story_img10

story_img11

story_img12

中岡さんはずっと猫が大好きだったため、お部屋にはたくさんの猫グッズが溢れる。猫の置物はもちろん、スマホカバーも猫型。部屋の壁にはいたるところに猫シールや猫ステッカーが貼られている。とにかく昔から猫モノには目が無かったそうだ。

aviとの共同生活が始まってからは、何よりもアビシニアン柄のものを手に取るようになったそう。aviへの愛が止まらず、わざわざ香港にあるハンドメイドショップで、aviの写真をもとにバッグやポーチを大量発注! 猫グッズだけじゃなくaviグッズも満載なお部屋なのだ。
もちろんavi用のオモチャもたくさん取り揃えてある。aviは抱っこは嫌いだけれど、人なつっこくて中岡さんとオモチャで遊ぶのが大好き。こんなにたくさんのオモチャがある中で、アルミホイルを丸めたものとピスタチオの殻が今の一番のお気に入りアイテム。この2つがあれば、エンドレスで遊んでいる。

story_img13//www.youtube.com/watch?v=4kJIZmsvkL4

aviがもっと幸せを感じてくれるお部屋を目指して

Chapter.05

「どうしたらaviが幸せに暮らせる部屋になるかをいつも考えている」という中岡さん。部屋に置かれたスツールの下は、ご主人が穴を開けてaviが入って遊べるように加工済み。常にaviの遊び場と動線確保を最優先事項と考えており、壁に開けられたキャットウォークの穴はクローゼットに直結している。お洋服が猫の毛だらけになることも厭わない。仕事が終わったら、「寂しがってるだろうな。はやくaviに会いたい」と、まっすぐ帰宅することが多くなった。テレビ台の上にはウェブカメラも設置。仕事中や出先でも、気になったらすぐaviの様子が確認できるようになっている。

story_img14//www.youtube.com/watch?v=9EmA2IJp5gE

生き物と暮らしたことのない人は「なんて大変な生活」と思ってしまうかもしれない。でも縁あって家族として迎えた小さな命。中岡さんご夫妻にとっては、aviの幸せはまさに自分たちの幸せなのだ。
aviはとても表情豊かで楽しいことや嬉しいこと、イヤな時や遊んで欲しい時、嘘のない気持ちをしっぽや目、全身で表現している。aviが楽しそうだったり元気な様子を見ているだけで、中岡さんも自然と幸せな気分で笑顔になるそう。
愛猫のためのやり過ぎハウスは、aviだけでなく周りの人たちの無上の喜びと幸せがいっぱい詰まった部屋なのだ。

story_img15

story_img16//www.youtube.com/watch?v=dpzd4WaavNw

story_img17

この記事を読んだ人におすすめ

Recommend

ドッグトレーナー河内亜由美さんのペットリハウス
最近では、ペットのために家を住み替えたり、リノベーションしたりする「ペットリハウス」という言葉が