Column / 2018 12,25

ご当地の味が大集合!全国お雑煮No.1決定戦

お雑煮といえば味も作り方も地域ごとに全然違いますよね。でも、結局どこのお雑煮が一番美味しいのか気になりませんか?ということで、いろんな都道府県出身のライターたちが、実家のお雑煮を持ち寄って食べ比べをしました。お雑煮No1に輝くのはどこのお雑煮なのか! ※この記事は株式会社バーグハンバーグバーグによる寄稿記事です。

続いては、兵庫県出身のギャラクシー!
父親が異常にお雑煮が好きだったため、お雑煮に入れる餅をめぐって両親が夫婦喧嘩して父親が家出したことがあるそうです。(喧嘩の原因は餅が白いやつじゃなくてヨモギだったから)

 

そんなギャラクシーのお雑煮はこちら!

 

わっ! 白い!
汁が白いぞ! なんだこれ!?

文字どおり異色のお雑煮の登場におののく一同

そう! うちのお雑煮は白味噌なんですよ〜!
関西のお雑煮はみそ味だと聞いたことはあったけど、まさか白いとは思わなかった
僕がいた地域では、お店のやつは大体“すまし”でしたけどね。白味噌のお雑煮は家でも一年に一回しか食べないので楽しみにしてました
団子汁として見れば普通なんだけど、お雑煮だと思って見るとめちゃめちゃ異色に見える〜〜!

野菜もお雑煮用に特別なものを使うんですよ。大根は「祝大根」、ニンジンも「金時人参」という普通より小さくて細長い品種で、年末になるとお店にはこれが並ぶんです
へ〜!
「円満に過ごせるように」という意味を込めて、野菜は輪切りにすることになっています
関西がどこでもそうなのかは分からないけど、お雑煮文化を大事にしてる感じが伝わってきますね

これがお雑煮としてじゃなくて普通に美味しいんです! ささっ、ぜひ召し上がってみてくださいな
あ! 食べたい!
今までの中で一番味が楽しみかも

ではでは……
よそと違ってだいぶ上品な味わいになってるはずよ! ダシにはかつおとか昆布とかで──

 

……うっ!?

甘い??!!??!?!
ん?
え!? 甘口なの!?
甘口のお雑煮!?
白味噌なんだからそりゃ甘いでしょうよ
そうなんですけど、お雑煮だと思ってたから甘口の脳みそになってなくて……
甘口のお雑煮ってそんなに変??

私は甘口の雑煮もアリだと思いますけど……

甘ぇっ!?!?!?!??!
そんな顔されるような味じゃない
こっちの想定を超えて甘い〜〜!!
甘口ってだけでそこまで騒がれる?
甘口でも全然いいんですけど、お雑煮だと思って食べたらベロがひるむんですよ
めんつゆ麦茶トラップと同じ事件が口の中で起きました……

九州出身のかまどは全然イケるらしい

僕は違和感ないですね
でしょぉ〜〜〜お????
え〜!? 目つぶって飲んだんじゃないですか??
すげえ失礼なこと言ってるの気づいてる???
むしろこっちの味の方が自然だなと思います。僕のお雑煮のイメージと一番近いかも
あ〜、かまどは甘口雑煮派なのか
今まで黙ってましたけど、正直みんなのお雑煮はなんで甘口じゃないんだろうってずっと思ってました

東日本と西日本の違いじゃない? ここを境に甘口前線が敷かれてる気がする
なんですか、その前線

 

白味噌という特徴を持ったギャラクシーのお雑煮!
「甘口」という点がみんなの中で異様に引っかかっていましたが、お雑煮用の野菜を使うなど、なかなかのこだわりっぷりを見せていました

 

>>次ページ、中国地方と四国地方のお雑煮を紹介!<<

 

1. 全国お雑煮No.1決定戦 ルール説明
2. モンゴルナイフの家庭のお雑煮(北海道)
3. かんちの家庭のお雑煮(東北)
4. マンスーンの家庭のお雑煮(関東)
5. 長島の家庭のお雑煮(中部)
6. ギャラクシーの家庭のお雑煮(近畿)
7. 小野ほりでい&河野の家庭のお雑煮(中国、四国)
8.かまどの家庭のお雑煮(九州)