Column / 2019 10,04 /Vol.1

実は冬が旬の「にんじん」使い切りレシピ3選

旬の食材はおいしいだけでなく、安くて栄養満点。積極的に食べたいものですが、「買ったはいいけど使いきれない!」「どうせ余らせちゃうなら買うのやめようかな…」なんて経験がある人もいるのでは。
そこで旬の食材を使って、“瞬間”で作れる3つのレシピをご紹介!おうちの冷蔵庫の「余った」をなくします!

ジョーさん。

料理研究家

世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。
食の企画会社にて3年の勤務を経て独立。Webで“バズる”企画を得意とし、Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね!を獲得、テレビなど各メディアで注目を集める。
企業様向けレシピ開発、レシピ動画、記事の企画開発、執筆、撮影、編集、フードコーディネートを一貫して行います。
Twitter:https://twitter.com/syokojiro
Instagram:https://www.instagram.com/syokojiro1206/
ブログ:http://tabetano.main.jp/

[にんじんと豚バラの重ね蒸し]

ホクホクとしたにんじんの食感に、豚バラのボリューム感が最高です。ポン酢の酸味がきゅっと味を引き締めてくれます。
薄切りにしたにんじんと豚バラを重ねて、蒸し焼きにします。にんじんはじっくりと弱火で加熱することでおいしさが引き出されますよ。時間がかかりそうですが、蒸し焼きにしている15分間はほったらかしでOK。その間に他の食事の支度や、片付けを済ませてしまえます。

2食分
調理時間20分

材料
豚バラ薄切り肉 100g
にんじん 1本半(180g目安)
A チューブしょうが 8cm
A 酒 80ml
ごま油 大さじ1
ポン酢 適量

作り方
1.にんじんは斜め薄切りにする。 2.フライパンににんじん、豚バラ肉、にんじんの順で重ね広げる。

3.チューブしょうが、酒、水を加えて中火で熱し、ふつふつしてきたら蓋をし、弱火で15分蒸し煮にする。 4.器に盛り、ごま油をまわしかけたら、ポン酢につけながら頂く。

薄く切るとより上品に、厚めに切るほどほくほくとした食感が楽しめます。料理酒には塩分が含まれている場合があります。その場合でも作り方は同じでOK。塩分の摂りすぎになりがちなので、できるだけ食塩不使用の酒を選ぶことをおすすめします。
この重ね蒸しのやり方は、他の野菜でも応用することができ、ほうれん草や白菜、水菜などで作ってもおいしいですよ。
ポン酢の酸味が苦手なお子様には、薄めためんつゆなどでも召し上がっていただけます。他にもゴマだれやネギ塩、柚子胡椒などでも楽しむことができますよ。