Column / 2020 01,17 /Vol.4

冬がいちばんおいしい「大根」使い切りレシピ3選

旬の食材はおいしいだけでなく、安くて栄養満点。積極的に食べたいものですが、「買ったはいいけど使いきれない!」「どうせ余らせちゃうなら買うのやめようかな…」なんて経験がある人もいるのでは。
そこで旬の食材を使って、“瞬間”で作れる3つのレシピをご紹介!おうちの冷蔵庫の「余った」をなくします!

ジョーさん。

料理研究家

世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。
食の企画会社にて3年の勤務を経て独立。 Webで“バズる”企画を得意とし、Twitterで投稿した“春巻きの皮クレープ”、“アスパラのバターごはん”が20万いいね! を獲得、テレビなど各メディアで注目を集める。
企業様向けレシピ開発、レシピ動画、記事の企画開発、執筆、撮影、編集、フードコーディネートを一貫して行います。
Twitter: https://twitter.com/syokojiro
Instagram:https://www.instagram.com/syokojiro1206/
ブログ: http://tabetano.main.jp/

こんにちは!料理研究家の、ジョーさん。です。

冬になるとおいしくなる野菜の代表の1つが大根!
一年じゅう見かけることはありますが、冬の大根は特に新鮮なものが出回るようになり、味も格別です。鮮度の高いものほど水分をたっぷり含んでいて、栄養もたっぷり。

便利な食材ではあるものの、使い切るのはなかなか大変ですよね。そこで今回は、大根をおいしく食べきるレシピ3つに加えて、大根の選び方や部位別の食べ方についてご紹介していきます。まずはレシピからご紹介してまいりましょう!

[炊飯器で簡単!手羽元と大根の煮物]

[味の感想]
炊飯器を使うことで大根がトロットロの食感に。手羽元の骨からもしっかりダシが出て、それを吸った大根はさっぱりとしているのにコクがあって格別の味わいです。
柔らかく味のしみこんだ大根にしようと思うとどうしても時間がかかってしまうのですが、炊飯器ならスイッチを押したらあとはおまかせで、火の元を見張ったりする必要がないので、その時間がフリータイムになるのも嬉しいですよね。

[レシピ]
4食分
調理時間 40分

[材料]
手羽元 6本
大根 1/3本
A 砂糖 大さじ2
A しょうゆ 大さじ3
A みりん 大さじ2
A 酒 200ml
チューブしょうが 4cm

[作り方]
1. 大根は皮をむいて厚さ3cmの半月切りにする。

2. 炊飯器に1の大根、手羽元、Aを入れて通常モードで炊飯する。

3. 炊飯が終わったらチューブしょうがを加え、全体を混ぜ返し、保温モードで15分置く。

[補足]
チューブしょうがではなく、生のしょうがを使う場合は、Aの調味料と同じタイミングで1にかけ入れてください。
チューブしょうがはどうしても香りが飛びやすいので、最後に入れています。

こちらの料理を冷蔵庫などに入れておくと、スープのゼラチン質が固まってゼリー状になります。火にかければ溶けますが、固まったものを「煮こごり」としてそのまま食べてもおいしいです。タンパク質が固まったものなので、栄養的にも捨てずに食べるのがおすすめですよ。
鍋で作る場合は大根、手羽元Aを入れたら、ふたをして30分ほど弱火にかけてください。ふたをしたまま、15分ほど放置したら完成です。途中、水分が足りなくなるようでしたら差し水をしてください。