Home / 2021 01,07

遺産相続手続きを具体的に始めたい!誰にどんな手続きをお願いできる?

遺産相続手続きは、不慣れで不安も多いため、専門家に頼りながら手続きを進めるのがおすすめです。今回は、司法書士・行政書士・税理士・弁護士…相続の際に頼れる専門家それぞれの役割の違いをご紹介します。

伊藤諭

弁護士法人ASK市役所通り法律事務所代表。弁護士。
地元に根ざした幅広い業務を行い、企業法務や交通事故、相続などを注力分野としている。
多数の講演実績のほか、ネットニュースの監修やメディア出演も行う。
https://www.s-dori-law.com/

遺産の相続手続きはどう進めたらいいの?

親が亡くなって、遺産の相続手続きをしなければならなくなり、「手続きといっても、一体どうやって進めたらいいの?」と困っていませんか?

いざ親が亡くなると、やらなければならないことがいろいろと出てきます。いつかは、と覚悟していたものの、現実を前に戸惑ってしまいますね。

自宅の売却、売却した金額を身内で分ける算段、自宅の家財整理、公共料金や年金支払いの停止手続き、不動産登記の変更、相続税の支払い…。

遺産の相続手続きは、不慣れなことが多くて自分だけで進めるのは心配ですよね。知識がなくて不安、自分で手続きを進める時間がない、などと思っている場合は、その道のプロに任せた方が安心かもしれません。

では、遺産相続の手続きを専門家に依頼するなら、誰に、どんな手続きをお願いできるのでしょうか?詳しくご紹介しますね。

遺産相続

相続手続きの相談先は?誰に何を相談するの?

遺産を相続する手続きの専門家といえば大きく、司法書士、行政書士、税理士、弁護士がいます。それぞれ職種によって仕事の範囲が決められています。では、どの専門家に、どういった手続きをお願いできるのでしょうか?

不動産の名義変更は司法書士

司法書士には、法律にかかわる書類の作成や手続きの代行を依頼できます。特に、不動産の相続が発生する場合は、相続する不動産の名義変更が必要になるので、司法書士に相談するとよいでしょう。

司法書士はほかにも、相続人の調査や遺産の分け方を記す「遺産分割協議書」の作成、遺産分割協議書に基づいた預金分配業務など、相続にかかわる手続きを広く行います。

また、生前の遺言書の作成や、遺言書の保管、執行、遺言書の内容の確認をするための「遺言検認申立書」や相続を放棄する際に必要な「相続放棄の申述書」の作成も行います。

司法書士によっては、登記手続きだけを行うというところもあるので、あらかじめ業務範囲を確認しておくとよいでしょう。

不動産登記

公的機関への書類作成は行政書士

行政書士には、行政に提出する公的書類や、権利に関する書類、事実証明に関する書類の作成を依頼できます。

市区町村の役所に提出する書類だけでなく、金融機関に提出する書類の作成や公共料金の手続きなどもお願いできますよ。

相続財産や相続人の調査や確認、遺言書や遺産分割協議書の作成など、行政書士は司法書士と業務が重複する部分があります。行政書士と司法書士との違いは、行政書士は不動産登記や裁判所で行う手続きの書面作成代理といった業務には対応していない点です。

行政書士に依頼する業務は特定のものになることが多いので、その結果リーズナブルに済ませられることから、相談に乗ってもらいやすい相手といえそうです。

相続手続きの書類

相続税が発生する場合は税理士

税理士にはその名の通り、税金の申告をはじめとした税金にかかわる業務を依頼できます。遺産の相続で相続税が発生する場合は、税理士に依頼をすると、正確な税申告ができ、節税のアドバイスをしてもらえることもありますよ。

一般の人が自分だけで相続税を申告すると、申告に不備がある場合があり、税務調査を受ける可能性が高くなります。そのため、税理士を通していない相続税の申告の場合、税務署から、申告が正しくないのではないかと疑われやすいのです。

しかし、税理士に依頼すると、正確に申告ができて、税務署からの信頼度も増すので、申告後に税務調査を受ける可能性が低くなりますよ。

また、自分で税務申告をして手続きを誤ると、追徴税や加算税が課せられたり、相続税を払い過ぎるかもしれません。税理士に依頼すれば、こういったことも防げますし、相続税申告での特例や各種控除を利用するアドバイスがもらえる可能性もあります。

ただし、税理士にお願いできるのはあくまでも税金に関する業務であることを覚えておきましょう。

相続税の申告書

トラブル解消や代理人としての交渉は弁護士

弁護士は、トラブルが起きた場合や、起きそうな場合に、依頼する方の味方(代理人)として間に入って交渉することができます。ほかの専門家は、基本的には相続に関する事務手続を代行する業務が中心のため、ここに大きな違いがあります。

弁護士は、司法書士や行政書士が行う法律業務も行えるうえに、裁判所での調停や審判の代理・弁護を引き受けてくれますよ。

弁護士は法律のエキスパートです。特に遺産相続の案件を多く扱っている弁護士ならば、相続をどう進めたらよいか、与えられた財産はどうすべきかなど、状況に合わせた適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。

遺産相続では、相続人同士の揉め事が起こってしまうケースがあります。そのような場合は、迷わず弁護士への依頼を検討しましょう。

弁護士への報酬は、依頼当初に着手金、解決したときに報酬金を支払うのが一般的です。金額も相続分に応じて変わってきますが、お願いすれば見積もりを出してもらえます。遺産相続をめぐるトラブルでは強い味方となってくれるでしょう。

弁護士

相続手続きを一括で代行してくれる業者もある!

以上、遺産を相続する手続きの専門家をご紹介してきました。それぞれの状況に応じた専門家に相談することは大変だと感じる方もいることでしょう。

遺産の相続手続きで戸惑ったら、相続に伴う事務手続きをまとめて相談できる、相続代行業者に依頼するという方法もあります。

相続代行業者は、前述の士業者と連携しながら、死後の事務手続きから、相続した不動産にかかる電気代や水道料金といった公共料金停止、遺産分譲協議、相続税納付手続きなどまでをワンストップで行ってくれますよ。不動産を相続した場合は、不動産売却と併せてトータルでサポートしてくれる三井のリハウスシニアデザインの「相続おまかせ売却パック」もおすすめですよ。

相続は、家族が亡くなった時点から始まります。故人が遺した財産を正しく受け取るために、状況に適した専門家を選んで、相談してみてはいかがでしょうか?

木の人形と鍵

三井のリハウス 
シニアデザインの詳細はこちら