Column / 2022 04,20

【昭島】自然を愛する人必見!人にも環境にも優しいサステナブルタウン

山賀沙耶(やまが さや)

編集プロダクション、出版社勤務を経て、フリーランスの編集ライターに。雑誌や書籍、ウェブメディアなどで活動中。自然と動物が好き。旅しながら仕事する生活を理想としつつ、いつも何かに追われている。
Instagram:https://www.instagram.com/jo_saya/

アウトドア好きの人にとっては、昭島というと2015年にできた「モリパーク アウトドアヴィレッジ」のイメージが強いかもしれません。アウトドアのフィールドである奥多摩と、都心部のちょうど真ん中にあって、どちらにもアクセスしやすいことも魅力。

また、街自体が自然豊かなだけでなく、昭島市では環境への取り組みを積極的に行っており、「環境緑花フェスティバル」など、環境について市民と考えるためのイベントも開催されています。

“地盤がしっかりしている”、“福祉が充実している”といった理由もあって、移住者も多く、子どものいるファミリーにも人気。都内全域で高齢化が進む中で、昭島市は唯一、30〜40代の比率が高いままなのだそうです。

実際に住むとしたらどんな街なのか、地元の人の声を聞いてみることにしました。

【昭島の基本情報】

駅名:JR青梅線・五日市線「昭島」駅
ランドマーク:東京・昭島 モリパーク、アキシマエンシス

■近年人気の青梅線沿線。中央線直通列車で新宿駅まで35分!

昭島駅を通るのは、奥多摩駅方面と結ぶ「JR青梅線」と、武蔵五日市駅方面と結ぶ「JR五日市線」の2路線。
いずれも中央線直通列車を運行しており、中央快速線・青梅線の「青梅特快」なら新宿駅まで約35分で行けるなど、都心へのアクセスは良好。多摩の中心都市である立川駅まではたった8分です。

拝島・福生・羽村・青梅など、青梅線は最近人気上昇中のエリア。
また、山登りや渓谷ハイキング・キャンプ・バーベキュー・釣り・川遊びなど多彩なアウトドアを楽しめる奥多摩〜青梅を結ぶ青梅線は、2018年から「東京アドベンチャーライン」の愛称で親しまれています。

▲青梅線といえば、自分でボタンを押して列車のドアを開けるスタイル。ちょっと旅気分でワクワク!

▲こちらは北口バスターミナル

駅の北口・南口、どちらにもバスターミナルがあり、立川バスが運行する路線バスの他、昭島市のコミュニティバス「Aバス」が9路線運行。駅周辺のほとんどのエリアをカバーしています。

▲水色のラッピングが目立つ「Aバス」

⇒昭島駅周辺の物件一覧をみる

■「モリパーク」など大型施設に、休日は特に人が集まる北口エリア

駅の北口を出るとすぐ右手に見えるのが、「モリタウン」
このあたりはもともと、昭和飛行機の工場と飛行場だった場所で、そこを昭和飛行機が再開発して、いくつもの大型施設を運営しています。

このエリアは「昭島・昭和の森」と呼ばれてきましたが、2021年4月からは、「Tokyo Akishima MORIPARK」としてリブランディング。
今後ますますの進化が楽しみです!

「モリタウン」の中には、大型スーパー「イトーヨーカドー」や「無印良品」・「ユニクロ」、さまざまなジャンルの飲食店やフードコートなど、日常生活に便利なテナントがそろっています。
その他に、映画館の「MOVIX昭島」・「スポーツデポ」・「トイザらス」、アミューズメント施設「アミュージアム」など、休日を過ごすのにぴったりの店舗や施設も。

「アウトドアヴィレッジ」には、人気のアウトドアブランドショップが立ち並ぶ他、クライミングジムやヨガスタジオも。
週末を中心に、展示会やワークショップ、アクティビティの体験会などのイベントもよく開催されているので、何度行っても飽きません。

天然温泉のある温浴施設「昭島温泉 湯楽の里」、昭島の子どもたちがこぞって通う「イトマンスイミングスクール」・ゴルフコース・テニスセンター・フィットネスクラブもあり、あらゆる休日の過ごし方に対応してくれます。

モリタウンから北にまっすぐ伸びるいちょう並木は、散歩やランニングにもぴったり。
なんと、この遊歩道は国内最長414mだそうです。

モリパーク以外にも、大型施設の多いこのエリア。モリパークの東側にあるホームセンター「カインズ昭島店」もかなり大きく、動物病院やドッグランを併設していたのが印象的でした。
園芸やリフォームのコーナーも充実しています。

さらにその東側は団地の並ぶエリアで、その一画には2020年3月にオープンした昭島市 教育福祉総合センター「アキシマエンシス」があります。
「昭島市民図書館」の他、昭島市の郷土資料室や体育館、子育て支援の施設、男女共同参画センターなどもあり、市民の学びの場となっているようです。

ライブラリーカフェ「アンペア」で、外を見ながらほっと一息。
「自家製レモネード(400円)」と一緒に、小腹が空いていたので「バタースコーン(350円)」をいただくと、クオリティも高く、小さいのにお腹にどっしり溜まりました。

⇒昭島駅周辺の物件一覧をみる

■個性的な店とチェーン店のバランスがいい南口エリア

▲左は、遠方からもお客さんが訪れる「長塚酒店」

今度は駅の南口側に出てみると、雰囲気はがらりと変わります。
青梅線と並行して走る江戸街道には、昔ながらの個性的な店と、利用しやすいチェーン店が入り混じっています。
新しいマンションがちらほら建っているのも、こちらのエリアの特徴。

1927年創業の「長塚酒店」は、ワインと日本酒の品ぞろえが豊富かつ個性的。お酒を選ぶのが楽しくなるような親切なPOPがたくさん用意されていて、近所にあったら通いたくなること間違いなし!

駅周辺に各科のクリニックが充実している昭島。
江戸街道沿いに、夜間診療もある小児科病院「太陽こども病院」がありました。
救急外来のある総合病院「東京西徳洲会病院」も、駅から徒歩圏内で、子どもや高齢者のいる家庭でも安心。

スーパーは…と探していると、ありました!
この「魚力市場」は、もともと魚屋さんとして創業した会社の直営店なので、店舗の半分には新鮮な魚介類が品揃え豊富に並んでいます。
野菜と肉もそれぞれ専門店が出店しており、まさに食卓の強い味方!

大通りから1本入ると、敷地の広い一軒家が並ぶ、閑静な住宅街です。
そして、さらに南に向かえば、気持ちのいい多摩川の河川敷にたどり着きます。

駅前の江戸街道から一歩入ったところにある「手打ちそば 若松」は、このあたりでも古くからあるお店の一つ。
130年以上前に新宿の若松町で創業し、1945年、2代目のときに昭島に移ってきたのだそう。
昭島の街に詳しい店主と、温かい接客の女将さんが迎えてくださいます。

面白いのが、店内に寄席の高座があること。
現在の店主である4代目の星野充康さんは、16年ほど前からお店に呼ぶようになったそう。

以来、毎年4回開催し、噺家のファンの方が遠方から落語を聞きに来るなどこの店のイベントの一つとしてすっかり定着しているようです。

私は「鴨南ばんせいろ(1200円)」を注文しました。
蕎麦粉は北海道のもの、つゆには正田醤油を使用し、昭島のおいしい地下水100%で作っているそうです。
更科系の白い蕎麦を、江戸前の濃いめのつゆにつけて、すっきりおいしくいただきました。

⇒昭島駅周辺の物件一覧をみる

■水がおいしいのが自慢! 古い店もがんばっているし新しい店も増えています

最後に、昭島在住で、駅前で35年ほど洋品店を営む、吉見利次(よしみ としつぐ)さんにインタビュー。昭島駅南口商店街協同組合の理事長も務められていて、昭島の街の変遷を見てこられたそうです。

(以下インタビュー。「 」内は吉見さんのコメントです)

———35年前と比べて、昭島の街は変わりましたか?
「私が来たときにはもうすでに賑やかでしたよ。駅の北側には団地ができていたし、イトーヨーカドーももうありましたね。最近は、南側は昔からの商店街のお店が減ってきたけど、新しい話題のお店もできていますね。マンションが建ってきて、30〜40代の若い人たちも増えていると思います」

———基地の騒音は実際どうなんでしょう?
「昔のように大きな機体はあんまり飛ばないし、航路が変わったみたいで、今はそこまででもないですね。新しい建物は防音もしっかりしているし、国が指定した区域内で、建築年などの条件を満たす住宅に防音工事をする場合は助成金が出ます。また、防音工事を行っていない住宅に住んでいる場合は、NHK地上波の放送受信料の半額相当を補助する制度が受けられますよ」

———よく行かれるお店はありますか?
「私はお店の休みがないのですがラーメンの『昭島大勝軒』や、本格イタリアンの『オステリア バー トニー』はよく並んでいますね。『だんごの三好』は和菓子もだけど太巻きがおいしくて、節分のときは恵方巻が人気です。新しいお店だと、クラフトビールの『イサナブルーイング』や、富士山の天然氷を使ったかき氷の『カフェ 不二』などが話題ですね」

———昭島の魅力ってどんなところですか?
「水がおいしいところかな。水道水が100%地下水で、夏でも冷たくておいしい水が飲めるんです。駅前に給水スポットもできたんですよ」

■移住者ウェルカム! 駅から徒歩圏内が充実している便利な街

最近の移住ブームで注目されている街の一つである、昭島。
アウトドア好きに人気の街というイメージでしたが、駅から徒歩圏内でそろっていないものがないぐらい、便利な街であることも実感。
ここに住んだら、休日に都心部に向かうことはなくなりそう。

昔から住んでいる人たちの話から、新しく引っ越してくる人たちを歓迎している雰囲気が感じられたのも高ポイント。
都心からの移住を考えている人に、自信を持っておすすめできる街ですね!

⇒昭島駅周辺の物件一覧をみる