Column / 2021 03,08

【さいたま新都心】駅前ですべてが叶う!ファミリーにもビジネスマンにもやさしい街

高橋秀実(たかはし ひでみ)

東京都在住。株式会社ミニマル所属。ガイドブック制作を主にし、カフェやレストランを中心に取材、執筆しています。趣味はお笑いラジオ。

Instagram:https://www.instagram.com/minimalstaff/

新幹線が乗り入れるターミナル駅・大宮の隣に位置する新興地区、さいたま新都心。

都心を思わせる高層ビルには多数のビジネスマンが集い、 駅前には巨大なショッピングモールがあります。また、ファミリーにとってうれしい休憩場所や公園が駅付近に複数あるので、子ども連れでのショッピングもしやすい街と言えるでしょう。

駅を出て東口はお買い物エリア、西口はオフィスビルのほか合同庁舎や郵便局、病院などの公共施設が並び、生活に必要なものが駅の東西に整備されて配置されていることがわかります。

賑やかで安心な暮らしを叶える街、さいたま新都心の街を歩いてきました。

【さいたま新都心の基本情報】

駅名:京浜東北・根岸線、宇都宮線(東北線)高崎線(上野東京ライン)「さいたま新都心」駅
ランドマーク:コクーンシティ、さいたまスーパーアリーナ

■新幹線が乗り入れる大宮駅までわずか2分!

JR京浜東北線と上野東京ラインの2路線が通るさいたま新都心駅。
西口から徒歩圏内にある北与野駅まで足を伸ばせばJR埼京線も利用でき、電車の利便性に不満な点は見当たりません。

上野東京ラインを使えば、東京駅まで30分。新幹線が乗り入れする大宮駅までわずか2分です。
同じく上野・東京方面に向かう列車には京浜東北線もあるので、電車の込み具合によって選択できるのがうれしいです。

東口、西口ともに大宮駅や北浦和駅などへはバス路線も出ているので、電車では行きづらい駅と駅の中間地点などに向かう際にも不便は感じません。

⇒さいたま新都心駅周辺の物件一覧をみる

■ショッピングスポット&エンタメがあふれる東口

さいたま新都心駅東口のランドマークといえば、駅から連絡通路を通ってすぐにある「コクーンシティ」。「コクーンシティ」はコクーン1〜3の3棟からなり、映画館やスーパー、アパレル店、カフェなど、生活を彩るショップが集まった巨大なショッピングモールです。

駅を出てまっさきに見えるコクーン1には映画館「MOVIXさいたま」とスーパーの「LIFE さいたま新都心店」などがあります。駅からの連絡通路には屋根もあるので、雨でもほとんど濡れずに歩いて行けるのはうれしいポイントです。

バスターミナルを挟んだコクーン2には「イトーヨーカドー」などもあります。この日はコクーン2にある「う匠山家膳兵衛(うしょうやまやぜんべい)コクーンシティ店」でランチをしました。地元・大宮で長年愛されるお店がコクーンシティにもあるんです。

鰻が有名なお店として本格的なメニューが並ぶなか、ちょっと奮発して注文したのは「国産うなぎ使用 鰻重【松】(5,500円)」。こだわりのうなぎはふわふわの食感で、コクのあるタレと相まって口の中でとろける極上品でした。お祝い事など、少し特別な日に選びたいランチです。

▲(上から)フランボア(340円)、フリュイ(370円)

コクーン2から離れる前にちょっと寄り道して「あるぴいの お菓子やさん コクーンシティ店」へ。地域密着型のフランス料理店「アルピーノ」の姉妹店であるこの洋菓子店は、特にエクレアが人気で、小さめなサイズ感なので女性でも子どもでも食べやすいと評判です。

コクーン3には「ヨドバシカメラさいたま新都心駅前店」が入っていて、家電やガジェット系の心配もありません。衣食住をすべてコクーンシティだけで賄えるといっても過言ではないでしょう。

また、コクーンシティの付近には駐車場や駐輪場に加え、子ども連れでも安心できる公園が複数あるのもうれしいところ。休日はもちろん、平日でも多くのファミリーにとって憩いの場となっている「さいたま新都心公園」「新都心東広場」でほっと一息つくことができます。

コクーンシティを抜けると道は広々。複雑な道や込み入った道も駅周辺は少ないので、毎日のお散歩コースやランニングコースとしても最適です。

駅の北側に広がる住宅街も道が広く、ベビーカーや自転車ですれ違っても安心です。

⇒さいたま新都心駅周辺の物件一覧をみる

■生活のあれこれを支える公共施設が並ぶ西口

生活していくなかで欠かせない施設が集結しているのが西口側です。東口と西口とで役割が明確に異なり、わかりやすくなっているのも街の特徴です。

西口からすぐにはオフィスビルが並び、多くのビジネスマンで賑わっています。

その奥にあるのが日本を代表するアリーナである「さいたまスーパーアリーナ」。年中開催される様々なイベントに多くの人が訪れる街のシンボルです。

また、そのアリーナまで続く「けやきひろば」は老若男女問わず人気の癒しスポット。

「けやきひろば」の2階は芝生広場があり、子どもが遊べる空間もあります。1階には多数のレストランやカフェ、休憩スペースがあるのでスキマ時間も有効活用できます。

「けやきひろば」を出て、南側に下れば「さいたま赤十字病院」「埼玉県立小児医療センター」が目の前にそびえ立ちます。子どもに特化した大きな病院があるのは心強いですね。

アリーナの付近にはバスターミナルや高速道路の入り口もあり、交通のアクセスも抜群です。北与野駅側に少し歩けば、広々と整備された道にのどかな住宅街が広がります。

さらに南に下ればホームセンターの「スーパービバホームさいたま新都心店」があり、かゆいところに手が届くグッズから大型の雑貨まで幅広く揃っています。おうちのメンテナンスやDIYの材料を揃えるときはこちらへ。

西口から徒歩15分ほど歩いた与野本町駅付近に「さいたま市中央区役所」があります。生活に関わる用事を済ませられる場所が近くにあるのは、時間を有効活用するうえで重要なポイントです。

■「駅から離れても自然豊かでいい場所なんです」

最後に、さいたま新都心周辺での在住経験のある山本大樹(やまもと だいき)さんにお話を伺いました。山本さんは、さいたま新都心は駅前以外にも魅力があるといいます。

(以下インタビュー。「 」内は山本さん)

――さいたま新都心の魅力は?
「個人的な感覚ですが、適度に都会らしいところです。都心よりもコンパクトなので快適にショッピングできるのはいいですよね。さいたまスーパーアリーナの近くでイベントがあれば賑わいも生まれて、見ているだけで楽しいです」

――さいたま新都心はショッピングやイベント目的で訪れる人が多い印象です。
「アリーナがあるので、アイドルやアーティストなどのさまざまなイベントが楽しめるのがいいですね。あと、『けやきひろば』は冬になるとイルミネーションがあって、それがとてもきれいなんです。周辺に住んでいる人なら絶対行ったことがあると思います」

――山本さんが思う、さいたま新都心のおすすめスポットは?
「さいたま新都心は駅前でなんでも揃えることができますが、駅から離れると意外と自然が豊かなんです。西口方面にある『見沼代用水』周辺はよく散歩していました。学生や若い人にとっては、川沿いを歩くのはデートの定番だと思います」

――東口はどうですか?
「少しだけさいたま新都心駅からは離れますが、与野公園で催される『ばらまつり』は地域一帯が盛り上がる行事ですね。規模も大きくて、子どもから大人まで楽しめると思います。さいたま新都心は家族でも学生でも、年齢も性別も問わず過ごしやすい場所だと思います」

■充実した暮らしは、充実した街で育まれる

ショッピングも公共施設も、都心へのアクセスも抜群な「さいたま新都心」。

駅前でなんでも揃う高機能な都市だとはわかっていたものの、実際歩いてみると、街を歩く人々のフレンドリーさに驚きました。おそらく長く住むことで、同じショッピングモールや公園、施設を利用する機会が多くなるのでしょう。あちこちでばったり会うファミリーや学生がおり、会話が生まれていて、それが街全体の賑やかさにつながっていると実感しました。

暮らすほどに交流の輪が広がっていく街。これこそ高機能都市がもたらした見えない恩恵ではないでしょうか。そんな街に、私も一度住みたくなりました。

⇒さいたま新都心駅周辺の物件一覧をみる