Column / 2021 02,15

【一社】便利な駅前×のどかな住宅街。子育て世代が支持する東山線の穴場

松下沙彩

広告会社の企画職を経てフリーランスのライターへ。マーケティング関連からママ向けネタ、おでかけネタなど幅広く執筆中。日本茶ブランドの運営も行う日本茶好きライター。二児の母。

Instagram:https://www.instagram.com/saaya_matsushita/

名古屋市・名東区に位置する地下鉄東山線の駅のひとつ、一社(いっしゃ)駅。

筆者にとってこのエリアは、結婚したり子どもが生まれたりした知り合いたちがこぞって引っ越す先。なんでも「家族で暮らすのにちょうどいい」のだそうです。

駅まわりには日常使いできるお店が揃い、喧騒を逃れてひと休みしたいときに訪れる個性的なお店も点在。星ヶ丘や東山動物園などの人気スポットにも近く、家賃相場がお手頃なのも魅力的です。

今回は、そんなファミリー層からの支持が厚い、東山線の穴場・一社の魅力をさらに探ってみたいと思います。

【一社の基本情報】

駅名:名古屋市営地下鉄東山線 「一社」駅、名古屋市営バス「一社」
ランドマーク:西一社中央公園

■人気エリアまで数駅。バス路線も充実する暮らしの拠点

一社駅は、地下鉄東山線の駅。名古屋駅へ21分、栄駅まで16分で出ることができ、いずれも乗り換え不要です。センスの良いお店が揃う覚王山・本山エリアへは6~8分、「東山動植物園」がある東山公園駅へは4分、「星ヶ丘三越」「星ヶ丘テラス」がある星ヶ丘駅へは一駅と、東山線の人気エリアまで数駅です。

反対方向の終点・藤が丘駅へは8分。藤が丘駅からはリニモに乗り換え、「IKEA長久手」「イオンモール長久手」、「愛・地球博公園」がある長久手市へも気軽にアクセスできます。

駅前のロータリーから「幹一社1号系統」のバスに乗れば、一社駅の北側エリア2kmほど先までカバーでき、生活圏が広がります。

また、駅から5分ほどのところに上社ジャンクションがあるため高速道路へのアクセスも快適。東に行っても西に行っても楽しめる、暮らしの拠点となる駅です。

⇒一社駅周辺の物件一覧をみる

■日々の買い物も外食も!東西南北ぐるっと何でも揃う街

名古屋市を東西に走る東山通沿いに位置する一社駅。駅まわりにはスーパー・家電量販店・銀行などあらゆるジャンルのお店が揃い、日々の買い物や外食に困りません。

南側に数分歩けば、24時間営業のスーパー「マックスバリュ一社店」があります。日々のお買い物に行きやすい立地です。

街道沿いには2018年にオープンした「アルペンマウンテンズ 一社店」も。

山関連のアイテムの品揃えは東海エリアトップクラス。特にキッズ用のアイテムが充実しており、家族で遊びに行けるお店です。アクティブ派のファミリーは頻繁にお世話になりそう。

■乳幼児から学生まで。幅広い世代のパパママに優しい環境

▲人通りが多い場所にある塾

駅周辺には保育園や学校が多く、子ども向けの習い事教室や学習塾が集まっています。

駅から歩いて10分以内で行ける公園が多いのも子連れには嬉しいポイント。こちらは駅の南側にある「西一社中央公園」。高いフェンスに囲まれた球技用グラウンドと遊具コーナーが隣り合っています。

遊具コーナーのまわりには、木陰とテーブル付きのベンチが充実していてピクニックにもぴったり。

公園のまわりにはテイクアウトできる飲食店も。

この日は、公園の目の前にある「tot.le.matin.boulangerie(トレマタンブーランジェリー)」でパンを購入しました。

▲(左)メロンパン210円、(右)紅茶とはちみつ いちじくのタルト380円(ともに税込)

ブラックペッパーがアクセントの大人味のタルトと、子ども用にちょうどよい優しい甘さのメロンパン。小ぶりなサイズのパンは、何種類も食べたい人におすすめです。家族みんなのお気に入りが見つかりそうな素敵なパン屋さんです。

続いてはミルクティー専門店「McQun Chai(マックンチャイ)」でドリンクをテイクアウト。

店内ではオリジナル茶葉も販売しており、ちょっとした手土産を買うにもおすすめ。

▲(左)アールグレーアソートメントBOX 850円、(右)オリジナルミルクティー(STANDARDサイズ) 650円(ともに税別)

公園でドリンクを飲みながらひと休みするのもよさそうですね。

⇒一社駅周辺の物件一覧をみる

■忙しい毎日に彩りをくれる個性あふれるお店たち

チェーン店だけでなく、思わず写真に収めたくなるような素敵なお店が多いのも一社の魅力。歩いているとつい店内を覗きたくなってしまいます。

▲一社で美味しいコーヒーと言えば必ず名前が挙がる「coffee Kajita」

▲「生活には必要ないけど、人生に必要な物を売っています」がコンセプトの雑貨店

▲レトロな雰囲気のコインランドリー

ランチは、駅から徒歩5分ほどのところにあるママさんたちに人気の隠れ家的カフェ「11cafe」に伺いました。

店内はやわらかい灯りに包まれ落ち着いた雰囲気。ギャラリーとして壁を貸し出しており、この日も作家さんの作品が飾られていました。

▲本日の発酵デリセット(左回りに:にんじんのスパイスマリネ/高野豆腐と枝豆の玉子とじ/自家製醤油麹のきのこ炒め/3種のチーズのマッシュポテト/真ん中:ソイミートでつくるベジボール)/自家製ドレッシングのサラダ/自家製塩麹と酒粕のさつまいもポタージュ)

この日は、お店の看板メニュー「発酵ランチ」(1,300円/税込)をオーダー。前菜はデリ数種、サラダ、スープのセット。これだけでも満腹になるボリュームです。特に、さつまいもポタージュは甘酒を飲んでいるかのような新感覚で感動ものでした!

メインディッシュの「自家製の醤(ひしお)でつくる麻婆茄子」は、大豆麹と麦麹を発酵させてつくる調味料「醤」と豆板醤のみで味付け。たくさんの調味料を使わずとも、豆と麦の旨味と香ばしさが味に深みを与えてくれるのだそうです。

発酵ランチの内容は約一ヶ月ごとに変わっていくそうなので、最新情報はお店のインスタグラムをチェックしてくださいね。

▲酒粕チーズケーキ 塩キャラメルソース 450円(税込)

食後は店主さんイチオシの「発酵スイーツ」とデカフェ(カフェインレスのコーヒー)をいただきました。

チーズケーキでありながら、純米酒の酒粕の風味と羊羹のような硬め食感が相まって和風スイーツの雰囲気もあり。これは一食の価値ありです!

■「子どもがひとりでも出歩ける安心感のある街」

最後に、一社エリアで二人のお子さんを育てるママに街の魅力について伺いました。長坂亜由奈(ながさか あゆな)さんは、ご自身も一社駅エリアで育ったという生粋の名東区民です。

長坂さんのご主人が営むカフェ「STARR CURRY AND CAFE」でお話を聞きました。オリジナリティのあるカレーや自家製シロップのドリンクが人気だそう。

(以下、インタビュー。「 」内は長坂さん)

――一社にはいつからお住まいですか?
「本郷駅に住んだ時期もありますが、幼少期から名東区民です。子どもが生まれて家を買う時に、やっぱりこの辺りに住みたいと思い一社駅に戻りました」

――一社の魅力は何でしょうか?
「駅まわりは栄えていて便利、でも少し離れると静かな住宅街が広がっている点です。業務用からオーガニック系のスーパーまで日常の買い物の選択肢も豊富。転勤で名古屋に来る人からもこのエリアは人気なんです。高速の入り口が近いこと、開発が進む長久手エリアに近いこと、ちょっと車を走らせれば守山区も生活圏に入ることも魅力かな」

――子育てのしやすさはどうでしょう?
「とてもしやすいです。遅くまでやっているお店が少ないので治安が良く、子どもをひとりで出歩かせるにも安心。塾や民間の学童保育施設も多く、習い事についてもまわりのお母さんたちからすぐにおすすめ情報が集まりますよ」

――普段はどんなところにお出かけしていますか?
「長久手方面の公園やIKEA、イオンにはよく行きます。来年には守山区にコストコができるのも楽しみ。駅周りにはお気に入りのお店がたくさんあります。美味しいパン屋さん、コーヒーショップ、かき氷が有名なお店やケーキ屋さんなど名前を挙げるときりがないくらい。子どもと一緒でもママ同士でも、楽しめる場所に恵まれています」

■子育てするなら一社、と思わせてくれる優しく落ち着いた街

駅周りの便利さと、街道から一本離れれば静かな住宅エリアに点在する個性的なお店の数々。街歩きをしてみて、知っているようで知らなかった一社に出会えた気がします。

子連れに優しい街は、誰にでも優しい。穏やかな空気をまとう街「一社」で、理想の暮らしをしてみませんか。

⇒一社駅周辺の物件一覧をみる